初めての役員・取締役入門

会社の所有者である株主ではなく、経営の専門家である「取締役」が株式会社の実際の事業を行うのです

取締役会の招集手続き

取締役会の招集手続き

取締役会の招集手続き

このエントリーをはてなブックマークに追加

取締役会の招集通知は書面である必要はないので、メールや口頭での招集も可能です。

取締役会の招集期間は定款で3日程度に短縮されている場合が多いので、招集通知の書面送付は現実的ではありません。

そこで、メールを利用されるケースがほとんどです。

取締役会は通常は月1回の定例取締役会に加え、重要な案件が生じた場合に開催される臨時取締役会など臨機応変に開催されます。

そこで、招集手続きも臨機応変に行われなくてはいけません。

会社法では、取締役会の招集通知は、会日の1週間以内に各取締役と各監査役に発送することが原則です。

しかし、招集期間は定款で短縮することができ、また、迅速な意思決定が求められる場合が多いため、実際には招集期間が3日程度の場合が多いようです。

さらに緊急の場合には、3日の招集期間を短縮することもでき、場合によっては当日に招集されることもあります。

取締役会は取締役が一堂に集まって開かれることが原則なので、招集通知はすべての取締役と監査役に出す必要があります。

そこで、一部の取締役や監査役に招集通知が届かなかったためにその人が欠席した場合は、その取締役会の決議は無効になります。

一方、取締役および監査役全員の同意がある場合は、招集手続きを行わないで取締役会を開催することも可能です。


« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です