初めての役員・取締役入門

会社の所有者である株主ではなく、経営の専門家である「取締役」が株式会社の実際の事業を行うのです

取締役会の権限

取締役会の権限

取締役会の権限

このエントリーをはてなブックマークに追加

取締役会の役割は、次の3つに大別されます。

1 重要な業務執行の決定

取締役会は会社の経営方針を決定する機関として、役員の選任・解任や定款変更など株主総会での決議事項以外の経営上の重要事項を決定する。

なお、すべての意思決定事項について取締役会を開くことは現実的でないので、日常的な意思決定業務は代表取締役に権限が委ねられる。

しかし、重要な財産の処分・譲り受け、多額の借財、支配人その他の重要な使用人の選任・解任などの重要事項は、取締役会での決議が必要。

2 取締役の職務執行の監督

取締役会は、代表取締役が適正な業務執行を行っているかを監督、チェックする。

また、他の取締役の業務執行についても相互に監督、チェックし合う。

3 代表取締役の選任および解任

取締役会には、代表取締役を選任・解任する権限がある。

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です