初めての役員・取締役入門

会社の所有者である株主ではなく、経営の専門家である「取締役」が株式会社の実際の事業を行うのです

取締役会の決議事項

取締役会の決議事項

取締役会の決議事項

このエントリーをはてなブックマークに追加

法律で定められている取締役会の主な決議事項は次の通りです。

  1. 譲渡制限株式等の譲渡承認
  2. 自己株式の取得等の決定
  3. 取得条件付株式の取得
  4. 株式の分割、株式の無償割当
  5. 所在不明株主の株式の競売等
  6. 公開会社における募集株式・新株予約権の募集事項の決定等
  7. 株主総会の招集の決定
  8. 代表取締役の選定
  9. 取締役の競業取引、利益相反取引の承認
  10. 計算書類・事業報告・付属明細書の承認
  11. その他

このように、取締役会が決めるべきことは多く、取締役会の一員となる取締役の責務も重大です。

決議にあたって、会社とその取締役に特別利害関係がある場合には、会社のために議決権を行使することが期待できないため、議決に加わることができません。

また、特別利害関係がある取締役は、定足数においてもカウントされません。

特別利害関係取締役には、利益相反取引の当事者となる取締役や、報酬を決定する場合の報酬を受け取る取締役も該当します。


« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です