初めての役員・取締役入門

会社の所有者である株主ではなく、経営の専門家である「取締役」が株式会社の実際の事業を行うのです

会計参与

監査役・会計監査人・会計参与

監査役・会計監査人・会計参与

取締役や取締役会には、代表取締役をはじめとする他の取締役を監督する権限があります。

しかし、会社の規模が大きくなればなるほど、それだけでは十分ではないので、取締役の業務をチェックする機能を強化する必要があります。

そこで、会社の規模やシステムにあわせて、監査役や会計監査人、会計参与などの、取締役の業務執行を客観的に監視・監督する機関を置くことになります。

監査役には会社の会計処理を監査する「会計監査」と、取締役の業務執行が適法かどうかを監査する「適法性監査」の2つの権限があります。

他に、取締役など役員に対して事業報告を求め、会社の業務・財産状況を調査することも認められています。

さらに、取締役会に出席して意見を述べ、株主総会で取締役の不正・違法行為を監査報告書を通じて提出する義務があります。 (さらに…)