初めての役員・取締役入門

会社の所有者である株主ではなく、経営の専門家である「取締役」が株式会社の実際の事業を行うのです

監査役

監査役・会計監査人・会計参与

監査役・会計監査人・会計参与

取締役や取締役会には、代表取締役をはじめとする他の取締役を監督する権限があります。

しかし、会社の規模が大きくなればなるほど、それだけでは十分ではないので、取締役の業務をチェックする機能を強化する必要があります。

そこで、会社の規模やシステムにあわせて、監査役や会計監査人、会計参与などの、取締役の業務執行を客観的に監視・監督する機関を置くことになります。

監査役には会社の会計処理を監査する「会計監査」と、取締役の業務執行が適法かどうかを監査する「適法性監査」の2つの権限があります。

他に、取締役など役員に対して事業報告を求め、会社の業務・財産状況を調査することも認められています。

さらに、取締役会に出席して意見を述べ、株主総会で取締役の不正・違法行為を監査報告書を通じて提出する義務があります。 (さらに…)

取締役会と監査役

取締役会と監査役

会社の事業規模が大きいと、株主から経営を委任された取締役の仕事の範囲や行使する権限も大きくなります。

そこで、「監査役」と「取締役会」を設置して、取締役が権限を濫用しないようにチェックすることが必要になります。

監査役の主な役目は、取締役の業務をチェックすることです。

会社の会計処理がきちんと行われているかを監視することを「会計監査」といい、取締役の業務執行が適法に行われているかを監査することを「適法性監査」といいます。

しかし、これだけでは取締役の行動をチェックするには不十分です。

そこで、取締役で構成される取締役会を設置して、監査役とダブルチェックで取締役を監視します。

監査役が取締役が執行している業務が適法であるかどうかを監査するのに対し、取締役会は取締役の「業務執行の妥当性」、つまり、取締役の行為が会社にとってプラスであるか、または阻害要因になっていないかを監査するのです。 (さらに…)