初めての役員・取締役入門

会社の所有者である株主ではなく、経営の専門家である「取締役」が株式会社の実際の事業を行うのです

社会的

取締役の社会的意味

取締役の社会的意味

取締役に就任するにあたって最も注意しなくてはならない点は、取締役は経営のプロとして、会社と委任契約にあるため、従業員とは地位が明らかに異なることです。

取締役への就任と同時に、従業員の地位を失う場合もあり、その場合は、会社とは「委託関係」だけの関係になります。

そこで、結果が出なければ、会社は定年になるまで給与を支給してはくれません。

また、取締役に就任すると、会社や債務者などの第三者に対して、多額の損害賠償義務を負う可能性もあります。

そこで、常に厳しい経営責任を問われることを覚悟しなければなりません。 (さらに…)