初めての役員・取締役入門

会社の所有者である株主ではなく、経営の専門家である「取締役」が株式会社の実際の事業を行うのです

範囲

取締役の権限の範囲

取締役の権限の範囲

取締役の遂行する業務の範囲は、取締役会のある会社とない会社とでは異なります。

取締役会を設置しない「取締役会非設置会社」では、原則として取締役は会社を代表してその業務を執行します。

そこで、取締役がひとりの会社は、業務執行の内容をひとりで決定し、執行することができます。

取締役が複数いる会社では、重要な取引や契約などの社内的な業務執行の決定を、取締役の過半数によって決定します。

取引先との契約などに代表される社外的な業務の執行は、基本的には各取締役が行いますが、定款または取締役の互選によって代表取締役を定めた場合は、代表取締役が業務を執行します。

また、取締役は、会社に著しい損害を及ぼす事態を発見した場合には、すぐに株主や監査役に報告しなくてはなりません。

なお、大企業では取締役は「内部統制システム」をつくらなくてはなりません。

一方、取締役会を設置する「取締役会設置会社」の場合は、3名以上の取締役で構成される取締役会が会社の重要な業務執行に関する決定を行います。

また、代表取締役を選定し、権限を委任し、その業務の執行状況を監督します。

取締役会設置会社は、大規模な事業を展開し、株主も多数に及ぶケースを想定しています。 (さらに…)