初めての役員・取締役入門

会社の所有者である株主ではなく、経営の専門家である「取締役」が株式会社の実際の事業を行うのです

義務

取締役の重い義務と責任

取締役の重い義務と責任

会社から経営を委任されている取締役は、取締役会の一員として重要な業務執行の意思決定を行い、代表取締役または業務執行取締役として会社の業務を執行するなど、会社経営における重要な役割を担っています。

そのため、従業員時代とは比べものにならないくらい裁量も大きくなりますが、それを濫用する者が出てくる可能性もあります。

それを防ぐことを目的として法律で重い義務と責任が定められています。

取締役が負う義務

取締役の義務のなかで、善管注意義務は日常的に問題となる重要なものです。取締役は会社、つまり株主と委任契約を結んでおり、受任者は委任者に対して損害を与えないよう配慮する義務を負っています。

この義務が善管注意義務です。 (さらに…)