痩せられない人の為の最後のダイエット:アルティメットダイエット

食べ方で決まる病気と健康の分かれ道
  〜症状別の必要な栄養〜 

栄養素・栄養とは、いろいろな食品が持つ様々な成分と、これを分解・合成により体の成分に変えていく人体の不思議な営みです。45〜50種類の栄養素をバランスよく摂取することが健康への最低条件です。

サイトマップ TOP >

肥満を防ぐ

様々な生活習慣病の温床となる肥満エネルギーの摂り過ぎや運動不足によって体脂肪が過剰になったものです


肥満は体脂肪が増え体重が増加

体内で利用されずに余ったエネルギーは、脂肪グリコーゲンになって体に蓄積されます。

肥満とは、脂肪が過剰に体に蓄積した状態のことをいい、一般に体重の増加という形で現れます。

肥満には合併症がつきものです

肥満は、高血糖脂質異常症高血圧などにつながり、放置しておくと、糖尿病動脈硬化などの本格的な生活習慣病へと進行します。

こうした症状があったり、予測される場合、「肥満症」と診断されます。

これらの症状が重なると、生活習慣病へのリスクが2倍、3倍と高まりますが、逆に肥満を解消すれば殆どの症状は改善します。

症状が現れる前に対策を立てることが大切です。

肥満はエネルギーの摂り過ぎが問題です

肥満の原因は、消費エネルギーよりも摂取エネルギーが多すぎるとこと、つまり食べ過ぎと運動不足の習慣化です。

適切な摂取エネルギー量は人によって異なり、体格や年齢、運動量(活動量)によって決まります。

自分に合った適切なエネルギー摂取を心がけることが大切です。

年をとるにつれ低下する基礎代謝

「食事の量も運動量も以前と変わってないのに太ってしまう」と嘆く人も少なくありません。

基礎代謝は年をとると低下していきます。

若い頃と同じだけ食べていれば、それだけエネルギーは使われずに脂肪となって体に蓄積されるのです。


エネルギー収支を見直す

摂取エネルギーが少なければそれだけ体脂肪が減ります。

しかし、減らしすぎるとダイエットは長続きせず、リバウンドもしやすいのです。

栄養バランスも悪くなり、体調をくずすこともあるので注意が必要です。

太らない・痩せない生活習慣に

次のような目標を決め手、1項目ずつクリアしていきましょう。

・食事はいつも腹八分目

・1日3職規則正しく食べる

・夜遅い時間に食べない

お酒とおつまみを摂りすぎない

・外食を減らす

・運動の習慣をつける

・動作をキビキビと

・毎日体重測定をする

思い込み肥満と肥満症

若い女性には顕著な痩せ志向がみられます。

BMIの判定では決して肥満ではないのに「もっと痩せたい」と思う「思い込み肥満」は社会的な風潮が創りだした肥満といえ、栄養失調や低栄養が心配です。

一方で、高血糖や脂質異常症などの合併症を併発した病的な肥満症が中高年男性の間で増加しています。



肥満を防ぐ
糖尿病を防ぐ
がんを防ぐ
動脈硬化を防ぐ
脂質異常症を防ぐ
高血圧を防ぐ
脳卒中を防ぐ
虚血性心疾患を防ぐ
肝機能低下を防ぐ
胃・十二指腸潰瘍を防ぐ
胆石・胆嚢炎を防ぐ
腎機能低下を防ぐ
高尿酸血症を防ぐ
骨粗鬆症を防ぐ
脳血管性認知症を防ぐ
摂食障害
便秘がち
下痢をする
風邪をひきやすい
花粉症
疲れやすい
目が疲れる
ストレスがたまる
眠れない
鉄欠乏性貧血
更年期障害
冷え性
にきびができる
肌がカサつく
口内炎ができる
日焼け(しみ・そばかす)
二日酔い
栄養からみた身体活動とエネルギー
年代別の栄養と食事
リンクについて































長いも 栄養




食べ方で決まる病気と健康の分かれ道〜症状別の必要な栄養〜 All copyrights 2010 by 小田篤史 Google


当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。

禁煙!禁煙!禁煙!健康にアミノ酸牛黄とは 〜あなたの健康に役立つ〜薬用人参とは 〜薬用人参の効果を知ろう〜女性が知っておきたい健康の常識栄養学入門栄養からみた身体活動とエネルギー年代別の栄養と食事食べ方で決まる病気と健康の分かれ道〜症状別の必要な栄養〜不思議と禁煙が成功するサイトストレス解消サプリサイトサプリメントで健康に