痩せられない人の為の最後のダイエット:アルティメットダイエット

食べ方で決まる病気と健康の分かれ道
  〜症状別の必要な栄養〜 

栄養素・栄養とは、いろいろな食品が持つ様々な成分と、これを分解・合成により体の成分に変えていく人体の不思議な営みです。45〜50種類の栄養素をバランスよく摂取することが健康への最低条件です。

サイトマップ TOP >

糖尿病を防ぐ

糖尿病インスリンというホルモンの作用不足と高血糖状態になる病気です


糖尿病は進行しないと自覚症状が出ない

糖尿病が厄介なのは、どこかが痛くなるなどの自覚症状がないままに、どんどん悪化してしまう点です。

代表的な症状として、喉が乾く、トイレが近くなる、目が霞むなどがありますが、こうした症状が出ている場合は相当に病気が進行していると考えられます。

糖尿病は神経障害、網膜症、腎症に

血糖が高い状態が続くと、毛細血管が傷ついたり、全身の細胞の働きが低下して様々な合併症が起こります。

神経障害、網膜症、腎症が3大合併症といわれていますが、動脈硬化もまた深刻な合併症です。

血糖値が高いことがわかったら、食生活を改善するなど早めに対策を立てて進行を食い止めることが大切です。

日本人は糖尿病になりやすい体質

日本人はもともと糖尿病になりやすい体質です。

とはいえ、日本人なら誰でも糖尿病になるかというとそうではありません。

なりやすい体質に加えて、食べ過ぎや運動不足といった悪い生活習慣が加わって初めて発症します。

糖尿病には1型と2型がある

糖尿病には2つのタイプがあります。

血糖をコントロールするインスリンというホルモンが分泌されなくなるタイプは1型。

肥満などが誘因となる糖尿病は2型といわれ、インスリンの作用不足が特徴です。

日本人の糖尿病の90〜95%は2型糖尿病とされています。

食生活などを改善し、血糖のコントロールを行うことが治療の第一歩になります。


糖尿病予防食は適量とバランス

血糖値をコントロールするための食事は健康食の基本です。

適量でバランスのとれた食事を1日3回規則正しく食べましょう。

摂取エネルギーが守れても、一度にたくさん食べていたり栄養素のバランスが悪ければ好ましくありません。

食品交換表を使ってエネルギーコントロールを上手に進めましょう。

糖尿病は血糖値で診断される

「糖尿病」かどうかは尿糖ではなく、血糖値で診断されます。

診断基準:

・随時血糖値 200mg/dl以上 ⇒ 糖尿病型

・空腹時血糖値 126mg/dl以上 ⇒ 糖尿病型

・75g経口ブドウ糖負荷試験 2時間後の血糖値が200mg/dl以上の場合 ⇒ 糖尿病型

以上の検査を別の日にもう一度行い、再び該当したら糖尿病と診断される。

低インスリンはダイエットに有効?

血糖値が上がるとインスリンというホルモンが膵臓から分泌されます。

インスリンには脂肪がエネルギー源として利用されるのを抑制し、体内への蓄積を促す働きがあります。

このためインスリン分泌を抑える食事法、つまり血糖値を上昇させにくい食品(GI値の低い食品)を摂る食事法はダイエットにも有効とされています(低インスリンダイエット)。

しかし、血糖上昇反応は個人差が大きいことなどから化学的には十分明らかになっていません。



肥満を防ぐ
糖尿病を防ぐ
がんを防ぐ
動脈硬化を防ぐ
脂質異常症を防ぐ
高血圧を防ぐ
脳卒中を防ぐ
虚血性心疾患を防ぐ
肝機能低下を防ぐ
胃・十二指腸潰瘍を防ぐ
胆石・胆嚢炎を防ぐ
腎機能低下を防ぐ
高尿酸血症を防ぐ
骨粗鬆症を防ぐ
脳血管性認知症を防ぐ
摂食障害
便秘がち
下痢をする
風邪をひきやすい
花粉症
疲れやすい
目が疲れる
ストレスがたまる
眠れない
鉄欠乏性貧血
更年期障害
冷え性
にきびができる
肌がカサつく
口内炎ができる
日焼け(しみ・そばかす)
二日酔い
栄養からみた身体活動とエネルギー
年代別の栄養と食事
リンクについて











































りんご 栄養




食べ方で決まる病気と健康の分かれ道〜症状別の必要な栄養〜 All copyrights 2010 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。