痩せられない人の為の最後のダイエット:アルティメットダイエット

食べ方で決まる病気と健康の分かれ道
  〜症状別の必要な栄養〜 

栄養素・栄養とは、いろいろな食品が持つ様々な成分と、これを分解・合成により体の成分に変えていく人体の不思議な営みです。45〜50種類の栄養素をバランスよく摂取することが健康への最低条件です。

サイトマップ TOP >

腎機能低下を防ぐ

バランスのとれた食生活と共にストレスや疲労に注意


尿にタンパク質が出る

腎臓の働きは、塩分や有害物質、老廃物など、体の中の不必要な物質を濾過し、尿と共に排泄することです。

体の水分量を一定に保ったり、体液に必要な成分を再吸収したり、血圧を正常に保つホルモンを分泌する機能もあります。

腎機能が低下すると、タンパク質が吸収されないまま、尿に排泄されてしまいます。

このタンパク尿が続くと、血液中のタンパク質が減少し、栄養障害が起こります。

また、余分な塩分が体内に残り、高血圧やむくみも出てきます。

しかし、腎臓は自覚症状が現れにくいのが特徴です。

症状が出るころには、機能が低下している場合が多いので、注意が必要です。

多くは感染症から

腎臓の機能が低下する代表的な病気が腎炎とネフローゼ症候群です。

腎炎には、急性と慢性があります。

急性腎炎は、風邪などの感染症にかかったときに侵入した細菌ウイルスによって起こります。

腎機能が圧倒的なダメージを受ける前に症状が出てくるので、すぐに治療をすると殆ど完治します。

しかし、慢性化する場合も少なくありません。

慢性腎炎になって放っておくと、腎機能が著しく低下する恐れがあります。

ネフローゼ症候群は、原因がよくわかっていませんが、急性腎炎が慢性化することで引き起こされる場合もあります。

感染症は、栄養の偏った食事やストレス、疲労などが積み重なって、体の免疫力が低下するとかかりやすくなります。

生活習慣病も関与

高血圧脂質異常症糖尿病などの生活習慣病も腎機能を低下させます。

なかでも、糖尿病の3大合併症の1つに糖尿病性腎症があります。

毎日の生活習慣は、見えないところでも積み重なり、健康に影響を及ぼしているのです。


腎臓に負担をかけない食事

タンパク質を過不足なく摂る

タンパク質の摂り過ぎも不足も、腎臓に負担をかけます。

1食に卵なら1個、アジなら中1尾、低脂肪の肉なら50gぐらいが適量です。

エネルギー不足に注意

エネルギーが不足すると、体タンパク質が分解されて腎臓に負担をかけたり、カリウムが血中に流失し高カリウム血症になることがあります。

塩分を摂りすぎない

塩分の摂り過ぎも腎臓の負担になります。

塩蔵品や漬物、ハムなど塩分の多い食品に注意してください。

香辛料や香味野菜を利用しておいしい減塩料理を工夫してください。

ストレスや疲労を避け免疫力を高める

風邪や扁桃炎から腎臓病になることがよくあります。

ストレスや疲労を避け、免疫力を高めておきます。

朝食をはじめ、1日3回きちんと食事をすることです。



肥満を防ぐ
糖尿病を防ぐ
がんを防ぐ
動脈硬化を防ぐ
脂質異常症を防ぐ
高血圧を防ぐ
脳卒中を防ぐ
虚血性心疾患を防ぐ
肝機能低下を防ぐ
胃・十二指腸潰瘍を防ぐ
胆石・胆嚢炎を防ぐ
腎機能低下を防ぐ
高尿酸血症を防ぐ
骨粗鬆症を防ぐ
脳血管性認知症を防ぐ
摂食障害
便秘がち
下痢をする
風邪をひきやすい
花粉症
疲れやすい
目が疲れる
ストレスがたまる
眠れない
鉄欠乏性貧血
更年期障害
冷え性
にきびができる
肌がカサつく
口内炎ができる
日焼け(しみ・そばかす)
二日酔い
栄養からみた身体活動とエネルギー
年代別の栄養と食事
リンクについて





















































コーヒー 健康




食べ方で決まる病気と健康の分かれ道〜症状別の必要な栄養〜 All copyrights 2010 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。