痩せられない人の為の最後のダイエット:アルティメットダイエット

食べ方で決まる病気と健康の分かれ道
  〜症状別の必要な栄養〜 

栄養素・栄養とは、いろいろな食品が持つ様々な成分と、これを分解・合成により体の成分に変えていく人体の不思議な営みです。45〜50種類の栄養素をバランスよく摂取することが健康への最低条件です。

サイトマップ TOP >

脳血管性認知症を防ぐ

認知症の対策は健康長寿の大きな課題です。食生活を改善し動脈硬化や脳血管障害を防ぐことが最善策です


脳に酸素や栄養がまわらない

認知症とは、脳や身体に障害が起こったことを原因として、認知・記憶・判断・言語・感情・性格などの精神機能が低下し、普通の社会生活に支障をきたす状態のことです。

高齢者の認知症は年々増加傾向にあり、現在その患者数100万人以上ともいわれています。

認知症には、アルツハイマー型脳血管性の2つがあり、約2/3が脳血管性です。

脳の血管が詰まったり敗れたりして血行が途絶え、酸素や栄養が脳に行き渡らなくなり、障害が起こります。

初期にはもの忘れの自覚症状

記憶力の低下、頭痛、めまい、耳鳴り、しびれから始まり、次第に進行していきます。

初期には物忘れの自覚があり、それを悩んで抑うつになりがちです。

ダメージを受けた場所によって、手足のマヒや食べ物を飲み込みにくいといった運動機能障害言語障害や言語障害も伴います。

ささいなことで怒ったり涙もろくなったり不眠などの症状もみられます。

認知症につながる脳梗塞と脳出血

脳血管性認知症は、脳梗塞脳出血などの脳血管障害が原因です。

脳の血管が詰まったり敗れたりすることで血行が途絶えてしまうのです。

日々の食事・生活習慣の積み重ね

生活習慣病は食事と深い関係があります。

過度の飲酒、喫煙、甘いもの、動物性脂肪、塩分の摂り過ぎが身体に悪影響を及ぼします。

高血圧糖尿病脂質異常症動脈硬化などは脳梗塞や脳出血の原因となり、つまりは脳血管性認知症の原因でもあるわけです。

また、骨折や怪我で寝たきりになると運動や生活全般から受ける脳への刺激が少なくなるため、痴呆が進む危険性が増します。

家に引きこもってばかりいてはよくありません。

生活習慣病の予防と共に、日頃から脳を活性化しておくことも大切です。


脳梗塞・脳出血を防ぐ

適量でバランスのとれた食事で肥満と血管の老化を防ぎましょう

脳血管性認知症の原因となる脳梗塞や脳出血などの脳卒中を防ぐには、引き金となる4大生活習慣病を防ぐことです。

摂取するエネルギーの過不足による肥満や痩せすぎ、栄養素バランスを保ちます。

糖分や塩分の多い食品、動物性脂肪やコレステロールの多い食品を控え、アルコール飲料の飲み過ぎや喫煙に注意することが、肥満や血管の老化を防ぐことにつながります。

血管の健康を保つ成分を含む食材選び

EPA・DHA:アジ、いわしなどの青背魚に油に多く、血栓を防ぐ

ナットウキナーゼ:納豆に多く、血栓を溶かし脳の血行をよくする

ビタミンE:抗酸化作用で血行をよくし、老化を防ぐ

トリゴネリン:コーヒー豆に多く、認知症を防ぐ働きがある



肥満を防ぐ
糖尿病を防ぐ
がんを防ぐ
動脈硬化を防ぐ
脂質異常症を防ぐ
高血圧を防ぐ
脳卒中を防ぐ
虚血性心疾患を防ぐ
肝機能低下を防ぐ
胃・十二指腸潰瘍を防ぐ
胆石・胆嚢炎を防ぐ
腎機能低下を防ぐ
高尿酸血症を防ぐ
骨粗鬆症を防ぐ
脳血管性認知症を防ぐ
摂食障害
便秘がち
下痢をする
風邪をひきやすい
花粉症
疲れやすい
目が疲れる
ストレスがたまる
眠れない
鉄欠乏性貧血
更年期障害
冷え性
にきびができる
肌がカサつく
口内炎ができる
日焼け(しみ・そばかす)
二日酔い
栄養からみた身体活動とエネルギー
年代別の栄養と食事
リンクについて







ちびっ子健康マラソン 姫路




食べ方で決まる病気と健康の分かれ道〜症状別の必要な栄養〜 All copyrights 2010 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。