痩せられない人の為の最後のダイエット:アルティメットダイエット

食べ方で決まる病気と健康の分かれ道
  〜症状別の必要な栄養〜 

栄養素・栄養とは、いろいろな食品が持つ様々な成分と、これを分解・合成により体の成分に変えていく人体の不思議な営みです。45〜50種類の栄養素をバランスよく摂取することが健康への最低条件です。

サイトマップ TOP >

便秘がち

不規則な食生活やストレスなど、ちょっとしたことでも起こります


排便回数よりも排便の困難さが問題

便秘とは、便の水分が少なくて硬い状態で、排便に苦痛や困難を伴なう場合をいいます。

2〜3日ぐらい便が出なくても、無理なく出れば便秘とはいいません。

医学的には「排便が1週間に3回未満の状態」と定義されています。

一般に便秘と呼ばれるのは慢性便秘のことで、弛緩性便秘痙攣性便秘の2つに分類できます。

どちらの場合も頭痛腹痛、腹部膨満感、食欲不振などの症状が現れます。

頑固な便秘の背後には、大腸ガンなどの病気が隠れていることもあります。

たかが便秘と軽視してはいけません。

弛緩性便秘と痙攣性便秘

弛緩性便秘とは、大腸の筋肉の緊張が低下したり、運動不足で排便機能が低下するものです。

日本人の2/3はこのタイプとされています。

一方痙攣性便秘とは、大腸のある部分が痙攣を起こして収縮し、内容物の通過が障害されて起こります。

主に腸の神経障害が原因です。

不規則な食生活や運動不足、ストレスが要因

日本人に多い弛緩性便秘は、体質によるものから、神経障害、全身衰弱、運動不足、ストレス、食事の量が少ないこと、食物繊維・水分不足による腸の刺激不足など、様々な要因が複雑にからみ合って起こります。

朝食を抜いたり、食事時間が不規則になったりしても、腸のリズムが乱れて便秘しやすくなります。

一方、痙攣性便秘の原因としては、ストレスや過労などが考えられます。


1日3食規則正しい食事をする

食事の量が少なすぎると便の量も減るので、1日3回きちんと食事を摂ります。

野菜、果物、海藻、豆など食物繊維の多い食品を積極的に摂ります。

水分も適量摂ることが必要です。

腸を刺激する食べ物を食べる

食物繊維を摂る

食物繊維は、消化されずに腸内細菌で発酵されて排泄されます。

野菜、果物、海藻、豆類などの食物繊維の多い食品を積極的に摂れば、便がたくさん出るようになります。

ただし、痙攣性便秘の場合は控えます。

冷たい飲み物を飲む

朝は排便の反射が盛んなときです。

朝食は必ず食べるようにして、排便を促します。

冷たい牛乳や水を飲むと、腸が刺激されるので、より効果的です。

ビフィズス菌を摂る

ヨーグルトに含まれるビフィズス菌には整腸作用があります。

ビフィズス菌は、腸内で増殖・死滅を常に繰り返しており、ストレスやお酒の飲み過ぎなどによって減りやすいので、できるだけ毎日摂りたいものです。

ガスの発生しやすいものを食べる

いも、かぼちゃ、栗、豆、バナナなど、腸内で発酵してガスを発生しやすい食品を摂ると、腸が刺激されて腸の動きが活発になり、排便効果が高まります。

ただし、痙攣性便秘のときは逆に控える必要があります。

定期的なトイレタイムで排便リズムをつくる

一般には、1日の生活リズムの中で規則的に便意が起こりますが、不規則な生活を送っていたり、便意があるのにトイレに行かないで我慢してしまう癖があったりすると、便秘の原因になります。

規則的な排便リズムを取り戻すためには、毎朝決まった時間にトイレに行くのを習慣化することです。

そのために少しだけ早起きをして、時間的なゆとりを持つことも大切です。



肥満を防ぐ
糖尿病を防ぐ
がんを防ぐ
動脈硬化を防ぐ
脂質異常症を防ぐ
高血圧を防ぐ
脳卒中を防ぐ
虚血性心疾患を防ぐ
肝機能低下を防ぐ
胃・十二指腸潰瘍を防ぐ
胆石・胆嚢炎を防ぐ
腎機能低下を防ぐ
高尿酸血症を防ぐ
骨粗鬆症を防ぐ
脳血管性認知症を防ぐ
摂食障害
便秘がち
下痢をする
風邪をひきやすい
花粉症
疲れやすい
目が疲れる
ストレスがたまる
眠れない
鉄欠乏性貧血
更年期障害
冷え性
にきびができる
肌がカサつく
口内炎ができる
日焼け(しみ・そばかす)
二日酔い
栄養からみた身体活動とエネルギー
年代別の栄養と食事
リンクについて

























































みかん 栄養




食べ方で決まる病気と健康の分かれ道〜症状別の必要な栄養〜 All copyrights 2010 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。