痩せられない人の為の最後のダイエット:アルティメットダイエット

食べ方で決まる病気と健康の分かれ道
  〜症状別の必要な栄養〜 

栄養素・栄養とは、いろいろな食品が持つ様々な成分と、これを分解・合成により体の成分に変えていく人体の不思議な営みです。45〜50種類の栄養素をバランスよく摂取することが健康への最低条件です。

サイトマップ TOP >

下痢をする

大腸の吸収が十分でないため起こる下痢は食あたりや腸の病気のほか暴飲暴食、ストレスなどで起こります


便に含まれる水分が異常に多い

下痢は、便秘と正反対に水分が異常に多い便が排泄される状態をいいます。

軟便、ひどい場合は水様便になります。

医学的には1日に200ml以上の便が出ることと定義されています。

排便の回数が多くても、水分が多くなければ下痢とはいいません。

便に含まれる水分は、ただの水ではありません。

食べ物から摂取した栄養分や大切な体液も含まれています。

従って下痢が続くと体力が消耗し体重が減少することもあります。

急性下痢と慢性下痢

一時的な下痢は急性下痢といわれ、身体の冷えや暴飲暴食による軽い症状のものや、激しい腹痛を伴なう食中毒やウイルス性胃腸炎などの重い症状のものがあります。

3ヶ月以上続くものは慢性下痢といわれます。

また、ストレスが原因で起こる過敏性腸症候群があります。

血便が出る場合は、クローン病潰瘍性大腸炎大腸ガンなど重い病気の可能性があります。

食中毒や急性腸炎の場合は危険

下痢をする原因は、暴飲暴食をはじめ、冷え、ストレス、食中毒感染症、腸の病気など様々です。

特にすぐに対応しなければいけないのは食中毒や急性腸炎による下痢や血便を伴なう下痢です。

牛乳で起こるケースもある

牛乳を飲んで下痢をする人もいます。

これは牛乳に含まれる乳糖を分解する酵素が足りないために起こります。

ストレスで起こる過敏性腸症候群

日本人の10人に2人は、ストレスが原因で起こる過敏性腸症候群にかかっているといわれ、特に女性に多くみられます。

体力を消耗しないのが特徴で、下痢と便秘を交互に繰り返すケースもあります。

水分や食物繊維を十分にとって腸内環境を整え、腸を丈夫にすることが改善策です。

また、運動習慣も効果的です。

運動には、ストレスで乱れた自律神経のリズムが正常化する効果があります。


腸の負担になる食品は避ける

重い下痢でなければ、腸にやさしいものを食べ、安静にしていれば自然に回復します。

腸を刺激する香辛料・食物繊維・冷たい飲食物は避けるようにしましょう。

食物繊維の多いもの

食物繊維は消化が悪く、腸に負担をかけるため、下痢を助長してしまいます。

野菜、海藻、きのこ、こんにゃくなどは控えます。

刺激の強いもの

辛い食べ物、コーヒー、アルコール飲料、炭酸飲料などは腸に刺激を与えますので、控えるようにします。

ガスを発生するもの

豆、いも類、かぼちゃ、栗などは腸内で発酵してガスを発生し、このガスが腸を刺激してしまうので避けます。

冷たいもの

冷たい食べ物や飲み物は、下痢を助長します。

食べるときには体温にちかづけるようにゆっくりとよく噛むことが大切です。

栄養と水分はしっかり補給

タンパク質・ビタミン・ミネラル

栄養不足を防ぎ、体力を回復させるため、バランスのよい食事をとることが大切です。

失われた水分を補給

下痢により失われた水分を補給するには冷たい飲み物ではなく、温かい汁物やお茶で摂ります。



肥満を防ぐ
糖尿病を防ぐ
がんを防ぐ
動脈硬化を防ぐ
脂質異常症を防ぐ
高血圧を防ぐ
脳卒中を防ぐ
虚血性心疾患を防ぐ
肝機能低下を防ぐ
胃・十二指腸潰瘍を防ぐ
胆石・胆嚢炎を防ぐ
腎機能低下を防ぐ
高尿酸血症を防ぐ
骨粗鬆症を防ぐ
脳血管性認知症を防ぐ
摂食障害
便秘がち
下痢をする
風邪をひきやすい
花粉症
疲れやすい
目が疲れる
ストレスがたまる
眠れない
鉄欠乏性貧血
更年期障害
冷え性
にきびができる
肌がカサつく
口内炎ができる
日焼け(しみ・そばかす)
二日酔い
栄養からみた身体活動とエネルギー
年代別の栄養と食事
リンクについて





























































りんご 栄養




食べ方で決まる病気と健康の分かれ道〜症状別の必要な栄養〜 All copyrights 2010 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。