痩せられない人の為の最後のダイエット:アルティメットダイエット

食べ方で決まる病気と健康の分かれ道
  〜症状別の必要な栄養〜 

栄養素・栄養とは、いろいろな食品が持つ様々な成分と、これを分解・合成により体の成分に変えていく人体の不思議な営みです。45〜50種類の栄養素をバランスよく摂取することが健康への最低条件です。

サイトマップ TOP >

花粉症

今や5人に1人の国民病となった花粉症


風邪に似た深いな症状

花粉症の主な症状には、くしゃみ鼻水鼻づまりなどがあります。

風邪の症状によく似ていますが、花粉症の場合、目のかゆみや充血 などの症状を伴なうのが特徴です。

鼻づまりがひどくなると、口で呼吸するようになります。

そのため、喉の痛み、いびき、不眠、注意力散漫などの症状も現れることがあります。

アレルギー疾患の一種で食生活の影響も大きい

花粉症はアレルギー性鼻炎アレルギー性結膜炎などのアレルギー性疾患の一種です。

花粉に含まれている抗原(アレルゲン)が目や鼻の粘膜の免疫系にインプットされ、花粉を異物として攻撃する抗体が体内にできるために起こります。

アレルギー体質は遺伝するといわれていますが、食生活(栄養)や環境、ストレスなども憎悪因子とされています。

花粉症は増加している

花粉症などのアレルギー疾患は増加傾向にあります。

食生活の欧米化でタンパク質脂質の摂取量が増えたこと、加工食品にふくまれる食品添加物、大気汚染などが深く関わっているとされています。

花粉症については、戦後の杉植林によって花粉の飛散量が激増したことも一因としてあげられます。

花粉は、春先の杉花粉だけではなく、檜やブタクサなど年中飛んでいます。

風邪かと思ったら実は花粉症ということもあるかもしれません。


栄養バランスのとれた食事

免疫機能を調え、アレルギー症状を防ぐ栄養素を摂りましょう

花粉症を完全に治すのは難しいことですが、食生活の改善でつらい症状を軽減することは可能です。

バランスのとれた食事が基本ですが、以下の3点が花粉症対策のポイントです。
免疫機能を調える
ビタミンB6には免疫機能を正常に維持する働きがあり、不足するとアレルギー症状が出やすくなります。
アレルギー症状を抑える
活性酸素は炎症やかゆみに大きく関係しています。

抗酸化作用のあるビタミンCは欠かせません。
タンパク質を摂りすぎない
タンパク質を摂り過ぎると、異物への反応が過敏になり、アレルギーを起こしやすくなります。

花粉症の症状をやわらげる機能性成分をとりいれる

栄養素以外にも様々な機能性成分が、花粉症の症状を緩和する効果があると期待されています。
IPA・DHA 魚脂などに多く含まれている脂肪酸の一種。
免疫機能を正常化して、アレルギー疾患の予防と症状に軽減に効果があるといわれています。
乳酸菌 免疫力を高めてくれます。
乳酸菌の一種であるビフィズス菌はアレルギー症状緩和に不可欠なビタミンB6を含むB群を合成する働きがあります。
αリノレン酸 体内でIPAやDHAへと代謝され、同様の働きが期待できます。
αリノレン酸を含む油は酸化しやすいので、加熱しないでサラダなどに利用するとよいでしょう。
カテキン 緑茶などに含まれているカテキンには、アレルギー症状を引き起こすヒスタミンが過剰になると、それを調整する作用があるといわれています。



肥満を防ぐ
糖尿病を防ぐ
がんを防ぐ
動脈硬化を防ぐ
脂質異常症を防ぐ
高血圧を防ぐ
脳卒中を防ぐ
虚血性心疾患を防ぐ
肝機能低下を防ぐ
胃・十二指腸潰瘍を防ぐ
胆石・胆嚢炎を防ぐ
腎機能低下を防ぐ
高尿酸血症を防ぐ
骨粗鬆症を防ぐ
脳血管性認知症を防ぐ
摂食障害
便秘がち
下痢をする
風邪をひきやすい
花粉症
疲れやすい
目が疲れる
ストレスがたまる
眠れない
鉄欠乏性貧血
更年期障害
冷え性
にきびができる
肌がカサつく
口内炎ができる
日焼け(しみ・そばかす)
二日酔い
栄養からみた身体活動とエネルギー
年代別の栄養と食事
リンクについて







高齢者福祉施設 栄養ケアマネジメント




食べ方で決まる病気と健康の分かれ道〜症状別の必要な栄養〜 All copyrights 2010 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。