痩せられない人の為の最後のダイエット:アルティメットダイエット

食べ方で決まる病気と健康の分かれ道
  〜症状別の必要な栄養〜 

栄養素・栄養とは、いろいろな食品が持つ様々な成分と、これを分解・合成により体の成分に変えていく人体の不思議な営みです。45〜50種類の栄養素をバランスよく摂取することが健康への最低条件です。

サイトマップ TOP >

目が疲れる

目を酷使する現代人は目の健康に不可欠な栄養素をしっかり補給しましょう


目の不快感や充血、ドライアイ

眼精疲労の症状には、目がショボショボする、チカチカする、ゴロゴロする、痛くなる、充血する、かすむ、乾く(ドライアイ)などがあります。

目の疲れは脳の疲れに直結する

目で見たものは、大脳皮質の視覚野という部位に視覚情報として送られます。

脳に送られてくる情報の80〜90%は視覚情報といわれ、脳の働きの多くは「見る」ことに費やされています。

そのため、眼の疲れは脳の疲れにつながり、頭痛や肩こり、倦怠感、イライラといった症状を引き起こすこと場合もあります。

また、眼が疲れると、注意力や集中力が低下するため、仕事の能率が下がったり、ミスをしやすくなります。

近くばかり見ていると筋肉疲労になる

ものを見るとき、毛様体筋という筋肉がレンズの役割を果たす水晶体の厚さを調節してピントをあわせています。

人間の目は元々、近くを見るようにはできていません。

わずか50cm程度の至近距離で見るパソコンを長く操作していると、毛様体筋が収縮して緊張状態が続き、筋肉疲労を起こします。

これが目の疲れの正体です。

パソコンの画面は、1秒間に数十回の点滅で文字を表示します。

脳はその刺激を認識し、これが長時間続くと、脳も疲れてきます。

パソコンが目を疲れさせる

パソコンを長く操作していると、ドライアイ(目の表面が乾くこと)を引き起こしやすくなります。

涙は常に目の表面を覆っており、角膜や結膜を保護しています。

パソコンの画面に集中すると、まばたきの回数が減り、涙の量が少なくなります。

ドライアイになると、目の表面の健康を保てなくなり、角膜の表面に傷がついたり、眼球の抵抗力が低下したりする場合があります。


目の健康を保つビタミン

目の健康を維持するためには、ビタミンAをはじめ、ビタミンB1ビタミンB2ビタミンCを十分に摂取することが大切です。

また、ポリフェノールの一種アントシアニンも注目されています。

ビタミンA

・角膜細胞を作り替える

・角膜の表面を保護する粘液の成分となる

・網膜で光を感じる細胞(ロドプシン)の材料となる

ビタミンC

水晶体の透明度を保って、充血を防ぎ、目をリフレッシュさせる

ビタミンB1・B2

視神経や筋肉の疲労を解消し、視力低下を防ぐ効果がある

アントシアニン

ブルーベリーに多く含まれているポリフェノールの一種。

ロドプシンの再合成を活性化させたり、網膜に栄養を運ぶ毛細血管の血行をよくする働きがある。



肥満を防ぐ
糖尿病を防ぐ
がんを防ぐ
動脈硬化を防ぐ
脂質異常症を防ぐ
高血圧を防ぐ
脳卒中を防ぐ
虚血性心疾患を防ぐ
肝機能低下を防ぐ
胃・十二指腸潰瘍を防ぐ
胆石・胆嚢炎を防ぐ
腎機能低下を防ぐ
高尿酸血症を防ぐ
骨粗鬆症を防ぐ
脳血管性認知症を防ぐ
摂食障害
便秘がち
下痢をする
風邪をひきやすい
花粉症
疲れやすい
目が疲れる
ストレスがたまる
眠れない
鉄欠乏性貧血
更年期障害
冷え性
にきびができる
肌がカサつく
口内炎ができる
日焼け(しみ・そばかす)
二日酔い
栄養からみた身体活動とエネルギー
年代別の栄養と食事
リンクについて












































きょうの健康 水中運動




食べ方で決まる病気と健康の分かれ道〜症状別の必要な栄養〜 All copyrights 2010 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。