痩せられない人の為の最後のダイエット:アルティメットダイエット

食べ方で決まる病気と健康の分かれ道
  〜症状別の必要な栄養〜 

栄養素・栄養とは、いろいろな食品が持つ様々な成分と、これを分解・合成により体の成分に変えていく人体の不思議な営みです。45〜50種類の栄養素をバランスよく摂取することが健康への最低条件です。

サイトマップ TOP >

ストレスがたまる

ストレスを感じたら、十分な休養と栄養をとりましょう


日常生活に乱れが生じる

ストレスを感じると感情の乱れや判断力の欠如などが現れ、喫煙量の増加、遅刻、欠勤、登校拒否、落ち着きがない、ミスを繰り返すといった、行動面に変化が現れます。

飲酒、食欲不振、過食など、食行動にも影響が生じます。

ストレスは万病のもと

ストレスを受けると、それを防御しようと、自律神経系や内分泌系、免疫系によってコントロールされながら、体の内部環境を一定に保とうとする力が働きます。(この反応を恒常性維持機能といいます)

しかし、過剰なストレスが続くと、ストレスに対する抵抗力が弱まり、恒常性維持機能にも乱れが生じ、様々な障害が現れます。

精神面では、神経症や躁うつ病などの神経疾患を招きます。

身体面では、自律神経系の交感神経の働きが活発になって血管の収縮が促され、心拍数の増加や不整脈を起こします。

免疫力が弱まるため、感染症やアレルギー疾患、ガンの発生率も高まります。

全身のあらゆる機能に影響が広がり、潰瘍や心臓疾患、高血圧脂質異常症糖尿病などが心配です。

精神的・身体的な過度の負担

ストレスが溜まる原因は、悩みなどの精神的なものから寒冷や疲労といった身体的なものまで様々です。

井垣的には、脳の下垂体から生成される副腎皮質刺激ホルモンの分泌を促す内外の刺激をストレッサー、これによって引き起こされる一連の生体防御反応をストレスと呼びます。

タバコ1本でビタミンCが大量に消耗

ストレスが溜まるとタバコの本数が増えてしまう喫煙者も多いようですが、タバコを1本吸うと、ビタミンCが25mgも消費されます。

抗ストレス作用のあるビタミンCですから、ストレス解消のつもりがストレスを助長することにもなります。


ストレスに強くなる栄養素を補給

ビタミンB群やカルシウムマグネシウムには、神経の興奮を鎮め、精神を安定させる作用があります。

不足すると、イライラしてストレスを感じ易くなるので必要量をしっかり摂ることが大切です。

また、ストレスを感じると副腎皮質からホルモンが分泌されます。

ストレスが増せば、ホルモンの材料となるタンパク質や、その合成に不可欠なビタミンBやビタミンCがそれだけ多く消耗されます。

消耗したこれらの栄養素を補うことも大切です。

ストレスを解消する食べ方

ストレスをためる食生活

ストレスの多い生活では、食生活が不規則になりがちです。

更にストレスに拍車をかけてしまいます。

忙しくても1日3食きちんと落ち着いて食べることがストレス対策の基本です。

ストレス解消の食事のポイント

更においしいものを楽しくリラックスして食べることがストレス解消には何よりも大事です。

時には家族そろって外食に出かけるなどして、食事の環境を変えてみましょう



肥満を防ぐ
糖尿病を防ぐ
がんを防ぐ
動脈硬化を防ぐ
脂質異常症を防ぐ
高血圧を防ぐ
脳卒中を防ぐ
虚血性心疾患を防ぐ
肝機能低下を防ぐ
胃・十二指腸潰瘍を防ぐ
胆石・胆嚢炎を防ぐ
腎機能低下を防ぐ
高尿酸血症を防ぐ
骨粗鬆症を防ぐ
脳血管性認知症を防ぐ
摂食障害
便秘がち
下痢をする
風邪をひきやすい
花粉症
疲れやすい
目が疲れる
ストレスがたまる
眠れない
鉄欠乏性貧血
更年期障害
冷え性
にきびができる
肌がカサつく
口内炎ができる
日焼け(しみ・そばかす)
二日酔い
栄養からみた身体活動とエネルギー
年代別の栄養と食事
リンクについて







































チョコレート 栄養




食べ方で決まる病気と健康の分かれ道〜症状別の必要な栄養〜 All copyrights 2010 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。