痩せられない人の為の最後のダイエット:アルティメットダイエット

食べ方で決まる病気と健康の分かれ道
  〜症状別の必要な栄養〜 

栄養素・栄養とは、いろいろな食品が持つ様々な成分と、これを分解・合成により体の成分に変えていく人体の不思議な営みです。45〜50種類の栄養素をバランスよく摂取することが健康への最低条件です。

サイトマップ TOP >

眠れない

ストレスや夜型生活で睡眠の時間も質も低下しがちです


夜になると眠れず、昼になると眠い

私たちは睡眠をとることで、脳や体を休め、疲れを癒しています。

寝付きが悪い、途中で目が覚める、朝早く目が覚めるといった症状は、睡眠不足をもたらします。

睡眠不足が続くと、血圧が上昇したり、糖質を代謝する能力(耐糖能)が低下したりするため、心臓疾患や糖尿病などにつながる恐れがあります。

半数以上が睡眠の質に不満

日本人の平均睡眠時間は年々減少傾向にあります。

2002年に日本睡眠学会が行った睡眠実態調査によると、全体的な睡眠の質について満足していると答えた人は43%で半数以上の人が満足していないことがわかりました。

睡眠不足に悩む日本人は確実に増えています。

不眠の原因は様々

不眠を引き起こす下人は、病気による身体的苦痛をはじめ、時差ぼけ、不安やストレス、うつ病などの精神疾患、薬の服用など、実に様々です。

不規則な生活で体内リズムが崩れる

体の中には「体内時計」が備わっており、およそ24時間の周期でリズムをつくっています。

睡眠もこの体内時計にコントロールされ、そのため、夜になると眠くなるのです。

インターネットテレビの深夜番組などの影響で、大人も子供も夜型化していますが、夜間に活動する割合が大きくなるとこの体内時計が狂ってしまいます。

より睡眠をとるには、体内時計を狂わせないこと。

食事は毎日決まった時刻にとり、同じ時刻に床に就き、同じ時刻に起きるようにします。

過剰なストレスも不眠の原因になる

不安や悩みなどの過剰なストレスがあると、神経が高ぶって眠れなくなります。

一時的であれば問題ありませんが、これが続くと夜は眠れず朝寝坊、翌日も寝付きが悪いという悪循環を繰り返します。

ひどいいびきに要注意 睡眠時無呼吸症候群

疲れがあったり深酒したときはいびきをかくことがありますが、いびきは睡眠の質が悪い証拠、注意が必要です。

大きないびきと無呼吸を繰り返す「睡眠時無呼吸症候群」は突然死の原因になります。

患者の70%は肥満であるともいわれています。

肥満が気になる人は食生活を改善して肥満を解消しましょう。


リズミカルな食生活

生体リズム(体内時計)にあった活動や休養など、安眠に必要なリズミカルな生活を守るには、1日3回の規則正しい食生活を続けることが最も効果的です。

朝:朝食で眠った脳と体を目覚めさせる

朝食は脳や内蔵を刺激して、体内時計を急速から活動にリセットします。

昼:しっかり昼食で脳と体を活発に動かす

昼間活動に動くためには、十分なエネルギーと栄養バランスのとれた食事が不可欠です。

夕:夕食は消化のよいものを腹八分目に食べる

ぐっすり眠るためには、胃腸に負担をかけないことが大切。

できるだけ早い時間に、消化のよいものを腹八分目に食べるようにします。

夜:お酒を飲むと眠くなるが質の良い睡眠は得られない

お酒を飲むとリラックスして寝付きがよくなりますが、睡眠の質が悪くなります。

お酒は依存性も高いので寝酒にはくれぐれも注意。

安眠をもたらす栄養素を摂る

○ トリプトファン

必須アミノ酸の一種でリラックスな気分をもたらし、睡眠、精神安定作用を持つ神経伝達物質セロトニンをつくります。

牛乳、大豆製品、バナナなどに多く含まれます。

○ ビタミンB6

タンパク質アミノ酸)の代謝に不可欠で、トリプトファンからセロトニンがつくられるときにも関与します。

カツオやマグロ、サケなどの魚はビタミンB6もタンパク質も豊富。

× カフェイン

コーヒーや紅茶、緑茶などに含まれる成分で、脳や筋肉を刺激し興奮させる作用があり、睡眠を妨げます。

同じお茶でもハーブティーはカフェインレスなので問題ありません。



肥満を防ぐ
糖尿病を防ぐ
がんを防ぐ
動脈硬化を防ぐ
脂質異常症を防ぐ
高血圧を防ぐ
脳卒中を防ぐ
虚血性心疾患を防ぐ
肝機能低下を防ぐ
胃・十二指腸潰瘍を防ぐ
胆石・胆嚢炎を防ぐ
腎機能低下を防ぐ
高尿酸血症を防ぐ
骨粗鬆症を防ぐ
脳血管性認知症を防ぐ
摂食障害
便秘がち
下痢をする
風邪をひきやすい
花粉症
疲れやすい
目が疲れる
ストレスがたまる
眠れない
鉄欠乏性貧血
更年期障害
冷え性
にきびができる
肌がカサつく
口内炎ができる
日焼け(しみ・そばかす)
二日酔い
栄養からみた身体活動とエネルギー
年代別の栄養と食事
リンクについて





































































豆腐 栄養価




食べ方で決まる病気と健康の分かれ道〜症状別の必要な栄養〜 All copyrights 2010 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。