痩せられない人の為の最後のダイエット:アルティメットダイエット

食べ方で決まる病気と健康の分かれ道
  〜症状別の必要な栄養〜 

栄養素・栄養とは、いろいろな食品が持つ様々な成分と、これを分解・合成により体の成分に変えていく人体の不思議な営みです。45〜50種類の栄養素をバランスよく摂取することが健康への最低条件です。

サイトマップ TOP >

更年期障害

女性ホルモンが減少する閉経前後の女性には心や体に不快症状が現れます


自律神経失調症の一種

更年期障害とは、閉経期前後の女性に見られる自律神経失調症の一種です。

卵巣の機能低下により、ホルモンバランスが乱れるため、顔のほてりやのぼせ、頭痛、肩こり、腰痛、動悸、冷え、発汗など様々な不定愁訴が現れます。

イライラや精神的な不安を感じたり、躁うつ状態を繰り返したり、感情の起伏が激しくなるなど、精神的な症状がみられることもあります。

生活習慣病のリスクが高まる

自律神経失調症や精神的な症状がなくても、骨量が減少する、太りやすくなる、血中の悪玉コレステロールや中性脂肪の量が増えやすくなるなど生活習慣病のリスクが高まるといった弊害があります。

卵巣の機能低下によりエストロゲンが減少

女性は閉経期前後になると卵巣の機能が低下し、女性ホルモンが激減します。

更年期障害の原因は、女性ホルモンの一種であるエストロゲン(卵巣ホルモン)の減少です。

エストロゲンは、脳の視床下部から命令を受けた下垂体が分泌するホルモンの刺激を受けて分泌されますが、卵巣の機能が低下しているためにエストロゲンが命令通りに分泌されません。

そうなると、下垂体からホルモンが過剰に分泌され、ホルモンバランスが乱れてしまうのです。

エストロゲンの恩恵がなくなる

エストロゲンには、骨量を維持したり、血中コレステロール値を下げる働きがあります。

骨粗鬆症や生活習慣病のリスクが高まるのはこのためです。

心的要因も大きく影響する

更年期の女性はちょうど人生の転換期を迎えています。

夫や自信の定年、子どもの就職や結婚、親の介護問題といった家庭環境の変化に悩まされる時期でもあります。

そのような心的要因も更年期障害に大きく影響しています。

更年期障害は40〜50代の男性にも起こる

更年期障害は女性特有の症状だと思われがちですが、男性も40〜50歳にかけて性ホルモンの分泌が減少します。

症状は性欲の減退やうつ状態、不眠などです。

男性ホルモンの生成に関与するビタミンEナイアシン、バランスのよい食事で各種栄養素をしっかり補給すれば、緩和できます。


適量と栄養バランスがキーワード

不快な更年期症状を防ぐ4つの食事対策

乱れたホルモンバランスを調えて症状を緩和したり、生活習慣病や骨粗鬆症のリスクを回避するために、更年期障害の食事対策は以下の4点が中心となります。
神経伝達系・免疫系を強化する
タンパク質や各種ミネラルビタミンを十分にとって、神経伝達機能や免疫機能を強化し、症状を和らげましょう。
生活習慣病を予防する
間食は控えて適量で、低温・低脂肪の食事を心がけ、肥満脂質異常症糖尿病などの生活習慣病のリスクを回避しましょう。
エストロゲンの働きを高める
大豆・大豆製品に含まれる大豆イソフラボンはエストロゲンの働きを補ってくれるので、積極的に摂りましょう。
骨量を増やす
骨の材料であるカルシウムをしっかり補給して骨粗鬆症を予防しましょう。

ビタミンDはカルシウムの吸収を助けてくれます。



肥満を防ぐ
糖尿病を防ぐ
がんを防ぐ
動脈硬化を防ぐ
脂質異常症を防ぐ
高血圧を防ぐ
脳卒中を防ぐ
虚血性心疾患を防ぐ
肝機能低下を防ぐ
胃・十二指腸潰瘍を防ぐ
胆石・胆嚢炎を防ぐ
腎機能低下を防ぐ
高尿酸血症を防ぐ
骨粗鬆症を防ぐ
脳血管性認知症を防ぐ
摂食障害
便秘がち
下痢をする
風邪をひきやすい
花粉症
疲れやすい
目が疲れる
ストレスがたまる
眠れない
鉄欠乏性貧血
更年期障害
冷え性
にきびができる
肌がカサつく
口内炎ができる
日焼け(しみ・そばかす)
二日酔い
栄養からみた身体活動とエネルギー
年代別の栄養と食事
リンクについて
















































きょうの健康




食べ方で決まる病気と健康の分かれ道〜症状別の必要な栄養〜 All copyrights 2010 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。