痩せられない人の為の最後のダイエット:アルティメットダイエット

食べ方で決まる病気と健康の分かれ道
  〜症状別の必要な栄養〜 

栄養素・栄養とは、いろいろな食品が持つ様々な成分と、これを分解・合成により体の成分に変えていく人体の不思議な営みです。45〜50種類の栄養素をバランスよく摂取することが健康への最低条件です。

サイトマップ TOP >

にきびができる

肌荒れは乱れたライフスタイルを映す鏡です


にきびは思春期だけではない

皮脂の分泌は、肌の潤いを保ったり、弾力性を維持するために重要ですが、過剰になると、にきびなどの肌のトラブルを引き起こします。

特に皮脂分泌の盛んな思春期に多く現れます。

にきびは、酸化した皮脂や古くなった角質が毛穴につまり、固まることで起こります。

皮膚に常在しているアクネ菌がそこに繁殖すると、炎症を起こしたり、化膿したりします。

重症になると、色素沈着を起こしたり、皮膚が陥没したりして跡が残ってしまいます。

増えている大人のにきび

最近、20代や30代になってからできる大人のにきびに悩む人が増えています。

思春期の場合は額や鼻にできるのに対し、あごや髪の生え際にできるのが特徴です。

にきびの原因は乱れた生活習慣

大人のにきびの主な原因は、ストレスや睡眠不足、生活習慣の乱れなどにあります。

睡眠中は新しい皮膚の形成が円滑に行われます。

そのため、睡眠不足になると、肌の新陳代謝が悪くなり、にきびができやすくなるのです。

このほか、便秘などの体の不調、紫外線、誤ったスキンケアといった要因も複雑に絡みあっています。

ホルモンの影響で皮脂分泌が増える

生理前になるとにきびができやすくなります。

これは、黄体ホルモンが増加し、皮脂の分泌が盛んになることが影響しています。

甘いもの、脂っぽいものは避ける

にきびは日頃の食生活も大きく影響します。

脂っぽい食べ物は皮脂の分泌を増加させます。

甘い食べ物やコーヒー、お酒などはにきびを刺激し、悪化させます。

また、ビタミン類が不足すると、肌の新陳代謝が悪くなります。


にきび予防に効果的な栄養成分

健康で美しい肌を保つためには、体が健康であることが前提です。

栄養バランスのよい食事を1日3回の規則的なリズムでとることが基本です。

特にビタミンB2ビタミンB6ビタミンCは、皮膚の健康や美容のために欠かせない栄養素です。

にきびの要因となる便秘を予防するために食物繊維を十分に摂ることも大切です。

ビタミンB2

皮膚の新陳代謝を促す ⇒ レバー、鰻、牛乳など

ビタミンB6

皮膚の抵抗力を高める ⇒ カツオ、マグロ、バナナなど

ビタミンC

にきび跡の色素沈着を防ぐ ⇒ オレンジ、いちご、ブロッコリーなど

食物繊維

にきびの大敵「便秘」を防ぐ ⇒ 海藻、野菜、きのこなど

にきびを増やしたり悪化させたりする食べ物を控える

油脂を多く含んだ食品を摂り過ぎると、皮脂の分泌を増加させ、にきびができやすくなります。

甘いお菓子やアルコール飲料、コーヒー、辛い食べ物などはにきびを刺激し、悪化させます。

お菓子やナッツ、お酒、コーヒー、辛い食べ物などは極力控えるようにします。



肥満を防ぐ
糖尿病を防ぐ
がんを防ぐ
動脈硬化を防ぐ
脂質異常症を防ぐ
高血圧を防ぐ
脳卒中を防ぐ
虚血性心疾患を防ぐ
肝機能低下を防ぐ
胃・十二指腸潰瘍を防ぐ
胆石・胆嚢炎を防ぐ
腎機能低下を防ぐ
高尿酸血症を防ぐ
骨粗鬆症を防ぐ
脳血管性認知症を防ぐ
摂食障害
便秘がち
下痢をする
風邪をひきやすい
花粉症
疲れやすい
目が疲れる
ストレスがたまる
眠れない
鉄欠乏性貧血
更年期障害
冷え性
にきびができる
肌がカサつく
口内炎ができる
日焼け(しみ・そばかす)
二日酔い
栄養からみた身体活動とエネルギー
年代別の栄養と食事
リンクについて





















































栄養機能食品




食べ方で決まる病気と健康の分かれ道〜症状別の必要な栄養〜 All copyrights 2010 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。