痩せられない人の為の最後のダイエット:アルティメットダイエット

食べ方で決まる病気と健康の分かれ道
  〜症状別の必要な栄養〜 

栄養素・栄養とは、いろいろな食品が持つ様々な成分と、これを分解・合成により体の成分に変えていく人体の不思議な営みです。45〜50種類の栄養素をバランスよく摂取することが健康への最低条件です。

サイトマップ TOP >

肌がカサつく

冬になると悩まされることの多い乾燥肌は放置すると目の周りのシワたるみなど肌の老化につながります


乾燥肌は肌の老化につながる

皮膚は真皮・表皮・角質層の3層からなり、体の水分を保持する重要な役割を担っています。

体の表面を覆っている角質層の水分は、皮脂や汗の分泌によって保たれ、肌に潤い感を与えています。

肌が乾燥すると、目の周りのシワやたるみ、くすみ、毛穴の広がりなど、肌の老化へとつながります。

また、体の部位によってはかゆみを伴なうことも多く、落ち着きがなくなったり、イライラしたりと精神的にも悪影響を及ぼします。

乾燥肌の原因はタンパク質などの栄養不足

皮膚の細胞は、およそ4〜6週間のサイクルで新しい細胞へと入れ替わっており、古い細胞は、垢となって剥がれ落ちていきます。

この入れ替わりをターンオーバーといいます。

新陳代謝が悪かったり、細胞に栄養分が十分に行き渡らなかったりすると、ターンオーバーが活発に行われず、肌荒れにつながります。

肌や髪、筋肉、臓器など私たちの体はタンパク質によってつくられています。

肌の張りや健康は、皮膚のいちばん下層にある真皮の組織間をつなぐコラーゲン(タンパク質の一種)によって保たれています。

タンパク質が不足すると、肌にトラブルが起こります。

皮脂分泌の低下も原因

冬になると、肌のかさつきに悩む人が増えます。

それは、空気が乾燥していることだけが原因ではありません。

体は寒さを感じると、体温の低下を防ごうと皮膚への血流量を減らします。

そうすると、皮膚の代謝が低下し、皮脂の分泌が少なくなります。

更に、外界から皮膚を守る角質細胞間脂質の産生も低下し、汗の量も減るため、皮膚内の水分はどんどん蒸発してしまうのです。

また、ビタミンAが不足しても、肌に潤いがなくなり、表面を覆っている角質層が厚くなり、肌荒れを起こします。


肌の主成分のタンパク質をしっかり摂る

タンパク質は、肌をはじめ体を構成する重要な成分です。

不足すると、体の健康状態が悪くなるだけでなく、肌の状態も悪くなり、乾燥し、潤いが失われます。

タンパク質とビタミンCを一緒にとると、コラーゲンの生成が促進されます。

乾燥肌の改善に有効な成分

ビタミンAに肌に潤いを与える働きが、ビタミンB2ビタミンB6には肌に張りや弾力を与える働きがあります。

ビタミンCにはコラーゲンの生成を助ける働きがあり、皮膚の抵抗力を高め、肌の張りを保つことにつながります。

ビタミンEは、血液循環を促して血色のよい肌にし、肌のすみずみに栄養分を行き渡らせ、潤いをもたらします。

必須脂肪酸

体内で合成できない脂肪酸のことで、細胞膜を構成するリン脂質の成分で、不足すると皮膚に異常が現れます。

⇒ 植物油、魚油など

ビタミンA

皮脂腺や汗腺の働きを高めます

⇒ モロヘイヤ、鰻、レバーなど

ビタミンB2・B6

皮膚の新陳代謝を促し、張りと弾力を与えます。

⇒ レバー、サバ、サンマなど

ビタミンC

コラーゲンの生成を助けます。

⇒ 柿、キウィ、ピーマンなど

ビタミンE

血行をよくし、肌に潤いを与えてくれます。

⇒ アーモンド、かぼちゃ、キングサーモンなど



肥満を防ぐ
糖尿病を防ぐ
がんを防ぐ
動脈硬化を防ぐ
脂質異常症を防ぐ
高血圧を防ぐ
脳卒中を防ぐ
虚血性心疾患を防ぐ
肝機能低下を防ぐ
胃・十二指腸潰瘍を防ぐ
胆石・胆嚢炎を防ぐ
腎機能低下を防ぐ
高尿酸血症を防ぐ
骨粗鬆症を防ぐ
脳血管性認知症を防ぐ
摂食障害
便秘がち
下痢をする
風邪をひきやすい
花粉症
疲れやすい
目が疲れる
ストレスがたまる
眠れない
鉄欠乏性貧血
更年期障害
冷え性
にきびができる
肌がカサつく
口内炎ができる
日焼け(しみ・そばかす)
二日酔い
栄養からみた身体活動とエネルギー
年代別の栄養と食事
リンクについて

































































栄養ケアマネジメント 新様式




食べ方で決まる病気と健康の分かれ道〜症状別の必要な栄養〜 All copyrights 2010 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。