痩せられない人の為の最後のダイエット:アルティメットダイエット

食べ方で決まる病気と健康の分かれ道
  〜症状別の必要な栄養〜 

栄養素・栄養とは、いろいろな食品が持つ様々な成分と、これを分解・合成により体の成分に変えていく人体の不思議な営みです。45〜50種類の栄養素をバランスよく摂取することが健康への最低条件です。

サイトマップ TOP >

口内炎ができる

ビタミンB群不足が原因の1つである炎症性の疾患です


口内の粘膜に炎症が起こる

口内炎とは、舌、歯茎、唇やほほの内側などの口内の粘膜に起こる炎症性疾患の総称です。

痛みや出血、ただれ、口内の乾燥、口内が腫れる、口が動かしにくいといった症状が現れます。

最も多いのがアフタ性口内炎といわれる疾患で、円形の潰瘍ができ、中心部は白っぽく、外側は赤くなります。

精神的な苦痛も伴なう

口内炎になると、食べ物や飲み物がしみる、味覚が鈍くなる、食欲がなくなる、うまくしゃべることができないなど、日常生活に支障をきたすこともあります。

症状が悪化すると、体力低下などの身体的苦痛に加えて、イライラや不眠といった精神的苦痛も伴います。

物理的刺激で口内に傷ができる

口内炎は、口内の粘膜を誤って噛んでしまったり、入れ歯が合わず粘膜にあたったり、熱いものを食べて火傷するなど、物理的な刺激により口内が傷つけられると起こります。

口内の粘膜が乾燥していると、ちょっとした刺激でも傷つきやすくなります。

口内の細菌やウイルスが感染

口の中の衛生状態がよくないと、細菌ウイルスが繁殖しやすくなります。

歯磨きやうがいなどを怠ると、細菌やウイルスが口内の小さな傷に感染し、口内炎ができやすくなります。

また、唾液には、口の中を清潔にする働きがあります。

水分や食事の摂取が不十分で、唾液の分泌が不足しているときも同様に口内が不衛生になります。

全身の健康状態も大きく影響

病気や過労、睡眠不足などで体力が低下している、栄養バランスが乱れている、胃腸の調子が悪いといった全身の健康状態も口内炎を引き起こす原因となります。

口内炎の多くは1〜2週間で治りますが、長引く場合は他の病気の可能性もあります。


口内炎を防ぐ栄養素を補給する

ビタミンB2

細胞の再生やエネルギー代謝を促します。

口内炎はビタミンB2欠乏症の1つです。

ビタミンB6・ナイアシン

タンパク質脂質の代謝にかかわり、皮膚や粘膜の健康を保ちます。

⇒ カツオ、マグロ、サバなどの魚やレバー

ビタミンA・C

タンパク質や脂質の代謝にかかわり、皮膚や粘膜の健康を保ちます。

症状を悪化させない食べ方

口内炎の炎症部位に食べ物が触れたり、刺激の強いものが口にはいると、症状が長引いて治らないどころか、さらに悪化してしまうこともあります。

口内炎の解消には十分な栄養補給が大切です。が、痛くて食べられないこともあります。

調理を工夫して、食べることが苦痛にならないようにしましょう。

口内炎を刺激するもの

濃い味付け、辛いもの、酸味の強いもの、硬いもの、熱いもの

調理の工夫で食べやすくする

薄い味付け、柔らかく煮る、細かく刻む、とろみをつける、人肌程度に



肥満を防ぐ
糖尿病を防ぐ
がんを防ぐ
動脈硬化を防ぐ
脂質異常症を防ぐ
高血圧を防ぐ
脳卒中を防ぐ
虚血性心疾患を防ぐ
肝機能低下を防ぐ
胃・十二指腸潰瘍を防ぐ
胆石・胆嚢炎を防ぐ
腎機能低下を防ぐ
高尿酸血症を防ぐ
骨粗鬆症を防ぐ
脳血管性認知症を防ぐ
摂食障害
便秘がち
下痢をする
風邪をひきやすい
花粉症
疲れやすい
目が疲れる
ストレスがたまる
眠れない
鉄欠乏性貧血
更年期障害
冷え性
にきびができる
肌がカサつく
口内炎ができる
日焼け(しみ・そばかす)
二日酔い
栄養からみた身体活動とエネルギー
年代別の栄養と食事
リンクについて

















































NHK きょうの健康 教育テレビ




食べ方で決まる病気と健康の分かれ道〜症状別の必要な栄養〜 All copyrights 2010 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。