痩せられない人の為の最後のダイエット:アルティメットダイエット

食べ方で決まる病気と健康の分かれ道
  〜症状別の必要な栄養〜 

栄養素・栄養とは、いろいろな食品が持つ様々な成分と、これを分解・合成により体の成分に変えていく人体の不思議な営みです。45〜50種類の栄養素をバランスよく摂取することが健康への最低条件です。

サイトマップ TOP >

日焼け(しみ・そばかす)

紫外線による害はしみそばかすだけではありません


日焼けは美肌の大敵

日焼けは日光を浴びると起こりますが、赤くなってヒリヒリ痛むタイプ、色素沈着して褐色になるタイプに分かれます。

シミとは、顔の皮膚にできる褐色の色素沈着のことです。

目のまわりや頬、額が出来易い場所です。

そばかすは、2〜3歳からできはじめ、思春期をピークに目立つようになり、次第に薄くなります。

しかし、遺伝的な原因の場合は、完治することは難しいと考えられています。

皮膚ガンににつながることも

日焼けは、皮膚がんメラノーマ(悪性黒色腫)などの要因といわれます。

ほくろと似ていますが、表面がでこぼこしていたり、黒っぽく偏食してきたら注意が必要です。

シミの原因はメラミン色素の沈着

日光に当たりと、表皮の一番下の基底層にある色素細胞メラノサイトの働きが活性化され、メラニン色素をつくります。

メラニン色素が表皮全体に行き渡ることにより、肌の色が黒くなります。

日焼けした肌は、新陳代謝のリズムが乱れ、メラニン色素が残って皮膚内部に沈着します。

これがシミのもとです。

有害な紫外線は皮膚ガンを招く

太陽光線に含まれる紫外線は人体に有害なものです。

メラニン色素はこうした紫外線を吸収し、体内組織を守る働きをしています。

紫外線を浴びすぎると、皮膚の免疫力が低下する、活性酸素を発生させて皮膚細部の遺伝子に傷をつけるなどの害を生じます。

日焼けを繰り返していると、細部の再生が正常に行われなくなり、皮膚ガンを招きます。

日焼けで赤くなるタイプの人は、メラニン色素が産生されにくく紫外線の害を受けやすいので、特に入念な日焼け対策が必要です。


紫外線の害を防ぐ栄養素

紫外線によって増加する活性酸素対策として、抗酸化作用のある栄養成分を摂りましょう。

ビタミンCビタミンEは一緒に摂ると相乗効果が期待できます。

β−カロチンポリフェノールなどの機能性成分も有効です。

ビタミンCはコラーゲンの生成を助ける働きがあります。

ビタミンC

菜の花、赤ピーマン、柿、いちごなど野菜・果物に多い

ビタミンE

キングサーモンや鰻、植物油などに多い

βカロチン

モロヘイヤ、人参、かぼちゃなどに多い

ポリフェノール

植物性食品に多く含まれる

しみ・そばかすの色を薄くする栄養素

ビタミンCはメラニンの生成を抑える、メラニン色素を還元するというダブルの美白効果があります。

ビタミンB2は細胞の再生や成長を促す働きがあるので、肌の新陳代謝を高めてメラニン色素を排泄してくれます。

ビタミンC

芽キャベツ、ブロッコリーにも豊富、じゃがいもにも多い

ビタミンB2

レバーや鰻、サバ、牛乳に多い



肥満を防ぐ
糖尿病を防ぐ
がんを防ぐ
動脈硬化を防ぐ
脂質異常症を防ぐ
高血圧を防ぐ
脳卒中を防ぐ
虚血性心疾患を防ぐ
肝機能低下を防ぐ
胃・十二指腸潰瘍を防ぐ
胆石・胆嚢炎を防ぐ
腎機能低下を防ぐ
高尿酸血症を防ぐ
骨粗鬆症を防ぐ
脳血管性認知症を防ぐ
摂食障害
便秘がち
下痢をする
風邪をひきやすい
花粉症
疲れやすい
目が疲れる
ストレスがたまる
眠れない
鉄欠乏性貧血
更年期障害
冷え性
にきびができる
肌がカサつく
口内炎ができる
日焼け(しみ・そばかす)
二日酔い
栄養からみた身体活動とエネルギー
年代別の栄養と食事
リンクについて


























































健康 タバコ




食べ方で決まる病気と健康の分かれ道〜症状別の必要な栄養〜 All copyrights 2010 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。