痩せられない人の為の最後のダイエット:アルティメットダイエット

食べ方で決まる病気と健康の分かれ道
  〜症状別の必要な栄養〜 

栄養素・栄養とは、いろいろな食品が持つ様々な成分と、これを分解・合成により体の成分に変えていく人体の不思議な営みです。45〜50種類の栄養素をバランスよく摂取することが健康への最低条件です。

サイトマップ TOP >

二日酔い

肝臓に負担をかけない上手な飲み方で、二日酔い生活習慣病を予防しましょう


二日酔いは飲み過ぎの代償

二日酔いとは、お酒の飲み過ぎが原因で、翌日になっても、頭痛吐き気、めまい、食欲不振、不快感などが残ることをいいます。

アルコールの代謝は肝臓が担っており、飲み過ぎの習慣は肝臓に障害を引き起こします。

最初に起こるのは、肝細胞内に中性脂肪が溜まる脂肪肝です。

アルコールによって脂肪の分解が抑えられ、同時に脂肪酸の合成が促進されることからが原因です。

さらに進行すると、肝細胞が破壊されるアルコール性肝炎や、線維化して肝臓が硬くなる肝硬変を起こします。

このほか、胃潰瘍糖尿病、心筋症、不整脈、高血圧などアルコールによる障害は全身に起こります。

適量を超えると二日酔い

アルコールは、胃や腸で吸収されたあと、肝臓に運ばれてアセトアルデヒドという物質に分解され、最終的に二酸化炭素と水になって排泄されます。

アセトアルデヒドは非常に有害な物質で、二日酔いの原因となります。

短時間に多量のアルコールを飲むと処理が間に合わず、血中のアセトアルデヒド濃度が上昇し、顔面紅潮や動悸、頭痛を起こします。

酔っ払っている人吐く息のもとでもあります。

肝臓の処理能力を超えると、二日酔いになります。

日本酒1合を完全に代謝するには3時間かかります。

1日当たりの適量は日本酒なら1合、ビールなら500ml、焼酎なら2/3合です。

健康状態にも左右される

アルコール処理能力は健康状態などによって差があります。

体調が悪かったり、たくさん飲む日が続くと、肝臓が疲れ、処理能力が低下します。

また、夜遅くに飲むとアルコールが翌日まで残ったり、ストレスがあると、飲むペースが速くなって悪酔いを起こします。


おつまみを食べながらゆっくり飲む

空腹時には、食後の1/3の時間でアルコールが吸収され、肝臓に運ばれます。

飲む前に軽くお腹にいれておくといいでしょう。

飲んでる最中、肝臓は必死に働いています。

肝臓がアルコールを分解できる能力は、日本酒なら1時間でたったの0.3合です。

肝臓の負担を減らすには、必ず食べながら飲む、時々水を飲むことが大切です。

ちゃんぽんは厳禁です。

アルコールの分解を促す食品を摂る

ごまに多く含まれるセサミンという成分には、アルコールの分解を促進する作用があるといわれています。

ごま和えやごま油を使った料理をおつまみにしながら飲んで、大量のアルコール処理で疲れた肝臓をサポートしましょう。

肝機能を高める食品を摂る

大量のアルコール処理で疲れた肝臓には、十分な栄養と休養が必要です。

牡蠣、シジミ、ホタテ、イカなどの魚介に多く含まれるタウリンウコンに含まれる成分クルクミンは、肝臓の機能を強化する働きがあります。

これらの成分を豊富に含む食品を積極的に摂るとよいでしょう。

二日酔いになってしまった場合は、水分をたくさんとって血中のアセトアルデヒド濃度をうすめることも大切です。

シジミ汁やウコン茶などはより効果的でしょう。



肥満を防ぐ
糖尿病を防ぐ
がんを防ぐ
動脈硬化を防ぐ
脂質異常症を防ぐ
高血圧を防ぐ
脳卒中を防ぐ
虚血性心疾患を防ぐ
肝機能低下を防ぐ
胃・十二指腸潰瘍を防ぐ
胆石・胆嚢炎を防ぐ
腎機能低下を防ぐ
高尿酸血症を防ぐ
骨粗鬆症を防ぐ
脳血管性認知症を防ぐ
摂食障害
便秘がち
下痢をする
風邪をひきやすい
花粉症
疲れやすい
目が疲れる
ストレスがたまる
眠れない
鉄欠乏性貧血
更年期障害
冷え性
にきびができる
肌がカサつく
口内炎ができる
日焼け(しみ・そばかす)
二日酔い
栄養からみた身体活動とエネルギー
年代別の栄養と食事
リンクについて















































栄養バランス サンドイッチ




食べ方で決まる病気と健康の分かれ道〜症状別の必要な栄養〜 All copyrights 2010 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。