動脈硬化病変の進展を防ぐエパデールについて 

エパデールは青身魚の脂肪に含まれている、イコサペント酸(EPA)を主成分とする医薬品で、高脂血症や閉塞性動脈硬化症に伴う症状の治療薬です。

サイトマップ TOP >

エパデールとは

エパデール青身魚の脂肪に含まれている、イコサペント酸(EPA)を主成分とする医薬品で、高脂血症閉塞性動脈硬化症に伴う症状の治療薬です。


エパデールは3つの作用により、動脈硬化病変の進展を防ぎます

@血管の弾力性を保つ

Aコレステロールや中性脂肪を下げる

B血液を固まりにくくする

エパデールを服用すると消化管から吸収され、

全身の血管、臓器の細胞などに取り込まれます。

3つの主な作用により、動脈硬化病変の進展を防ぎます。


高脂血症や閉塞性動脈硬化症をそのままにしておくと、

命に関わるような心筋梗塞などの冠血管・脳血管疾患になるリスクが高くなります。



いびき対策、防止に。1ヶ月で、いびきをかかない体質にする4ステップ
エパデールとは
エパデールの臨床試験による効果1
エパデールの臨床試験による効果2
エパデールの副作用
リンク集




動脈硬化病変の進展を防ぐエパデールについて All copyrights 2009 by 小田篤史 Google


当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。

ジェネリック医薬品Q&A薬の賢い買い方&飲み方薬の雑学 きちんと知ろう!正しく使おう!薬と健康のQ&A動脈硬化病変の進展を防ぐエパデールについて予防接種なんでもガイド水虫治療の薬とケア最前線抗がんのサプリメントとはよく効く水虫の治療薬とは体に負担をかけない漢方・薬膳による治療のすすめ