動脈硬化病変の進展を防ぐエパデールについて 

エパデールは青身魚の脂肪に含まれている、イコサペント酸(EPA)を主成分とする医薬品で、高脂血症や閉塞性動脈硬化症に伴う症状の治療薬です。

サイトマップ TOP >

エパデールの臨床試験による効果1

血中のコレステロールを下げるスタチン系薬剤を服用している高脂血症の患者にエパデールを追加服用した場合(EPA群)では、エパデールを服用しない場合(対照群)に比べて、中性脂肪の低下が認められました。

また、対照群に比べてEPA群では、狭心症や心筋梗塞などの冠動脈イベントの発症率が19%低下しました。





いびき対策、防止に。1ヶ月で、いびきをかかない体質にする4ステップ
エパデールとは
エパデールの臨床試験による効果1
エパデールの臨床試験による効果2
エパデールの副作用
リンク集




動脈硬化病変の進展を防ぐエパデールについて All copyrights 2009 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。