牛黄とは 〜あなたの健康に役立つ〜 

中国では2000年以上も前から牛黄の作用が認められていました。日本では飛鳥時代から高貴薬として珍重されてきました。
牛黄は牛の胆嚢のなかに生じた結石で、胆汁酸、ビリルビン系色素などが凝縮されたもので、漢方では強心、鎮痙、鎮静などに用いられる重要な生薬です。

サイトマップ TOP >

牛黄の7つの作用 強心作用

牛黄には「7つの作用と言われる働きがあります。


強心作用(心臓の働きを高める)

心臓(心筋)の働きを高めて動悸・めまい・むくみなどを軽減します

・旅先で訪れたお寺の会談で息切れして苦しくなったとき服用したら、楽になりました。
 (70代・男性)

・かつてゴルフのラウンド中に胸が苦しくなったとき、服用して楽になりました。今では友達にもすすめています。
 (50代・男性)



痩せられない人の為の最後のダイエット:アルティメットダイエット
牛黄とは?
牛黄の歴史
牛黄の生産地
牛黄の価値
●牛黄の7つの作用
1.強心作用
2.降圧作用
3.肝臓保護作用
4.抗炎症作用
5.解熱作用
6.鎮静作用
7.鎮痙作用
そのほかの作用
牛黄Q&A
特濃ボイセンベリー
リンクについて
リンク集




牛黄とは All copyrights 2009 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。