白内障の症状と治療 

人の目はよくカメラに例えられますが、カメラのレンズに相当するのが水晶体です。正常な水晶体は透明で光をよく通します。しかし、さまざまな原因で水晶体の中身のタンパク質が変性して、濁ってくることがあります。これが白内障です。

サイトマップ TOP >

白内障の症状

白内障では目の中の水晶体が濁ることにより、視力が低下します。

水晶体の濁り方はひとりひとり違うため、症状はさまざまです。

主な症状としては、「目がかすむ」といったものですが、

次のような症状があれば白内障の疑いがあります。

また、白内障だけでは痛みや充血はありません。



@ かすんで見える

A まぶしくなる、明るいところで見えにくい

B 一時的に近くが見えやすくなる、メガネが合わなくなる

C 二重、三重に見える

水晶体の濁り方と症状

水晶体の濁り方はひとりひとり違いますが、水晶体の周辺部(皮質)から濁りが始まることが多く、

中心部(核)が透明であれば視力は低下しません。

濁りが中心部に広がると、「まぶしくなる」「目がかすむ」ようになります。

中心部(核)から濁り始めると、「一時的に近くが見えやすくなる」ことがあり、

その後「目がかすむ」ようになります。



14日間視力回復プログラム!川村博士の視力回復法”ジニアスeye"
白内障とは
白内障の原因
白内障の症状
白内障の治療
白内障の手術前検査
白内障手術の入院期間と日帰り手術
白内障の手術
白内障手術後の経過と養生
いびき対策、防止に。1ヶ月で、いびきをかかない体質にする4ステップ
リンクについて
リンク集
いびき対策、防止に。1ヶ月で、いびきをかかない体質にする4ステップ




白内障の症状と治療 All copyrights 2009 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。