白内障の症状と治療 

人の目はよくカメラに例えられますが、カメラのレンズに相当するのが水晶体です。正常な水晶体は透明で光をよく通します。しかし、さまざまな原因で水晶体の中身のタンパク質が変性して、濁ってくることがあります。これが白内障です。

サイトマップ TOP >

白内障の手術前検査

白内障の手術を受ける前には、

手術が問題なく行えるか調べ、

目に合う眼内レンズを選ぶために、さまざまな検査を行います。

眼内レンズは1か所にピントが固定されているので、

手術前に医師と相談して、

自分のライフスタイルに合った度数を選んでもらうことが大切です。


手術前検査の種類

●視力・眼圧・屈折検査

眼底検査網膜の状態を調べる)

細隙灯顕微鏡検査(水晶体の濁りの状態を調べる)

角膜内皮細胞検査角膜の内皮細胞が減っていないか調べる)

眼軸長検査(眼内レンズの度数を決める)

●問診、血圧検査など

※水晶体の濁りが進行している場合は、網膜の電気的検査、超音波検査なども行います。



14日間視力回復プログラム!川村博士の視力回復法”ジニアスeye"
白内障とは
白内障の原因
白内障の症状
白内障の治療
白内障の手術前検査
白内障手術の入院期間と日帰り手術
白内障の手術
白内障手術後の経過と養生
いびき対策、防止に。1ヶ月で、いびきをかかない体質にする4ステップ
リンクについて
リンク集
いびき対策、防止に。1ヶ月で、いびきをかかない体質にする4ステップ




白内障の症状と治療 All copyrights 2009 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。