白内障の症状と治療 

人の目はよくカメラに例えられますが、カメラのレンズに相当するのが水晶体です。正常な水晶体は透明で光をよく通します。しかし、さまざまな原因で水晶体の中身のタンパク質が変性して、濁ってくることがあります。これが白内障です。

サイトマップ TOP >

白内障手術後の経過と養生

手術直後は、目が充血することがあります。

また、目がゴロゴロする、涙が出る、目がかすむなどの症状が出ることもありますが、

これらの症状は、数日から1〜2週間で治まります。

手術後1〜3カ月は、手術で起きた炎症を抑え、感染を防ぐために、

医師の指示通りに点眼薬を使用します。

手術の翌日からでも、疲れない程度に目を使ってもかまいません。

術後の見え方で、色調の違和感や眩しさを感じることがあります。

色調の違和感は次第に慣れていきますが、

眩しさが続くようであれば、症状を緩和させるために色つきのメガネの使用をお勧めします。

仕事への復帰は早い時期にできますが、

患者さんの全身状態や仕事の種類などによって違ってくるので、医師に相談してください。

手術後しばらくの間は、定期健診を受けましょう。

眼内レンズには、ピントを合わせる調節力がないので、メガネが必要になります。

手術後2週間〜2カ月ごろには、視力が回復し安定してくるので、

この時期に自分の視力に合ったメガネをつくります。


手術後の注意点

●入浴や洗顔は1週間くらい避ける。

●目を押したり、こすったりしない。

●転ばない、ぶつけない。

後発白内障のレーザー治療

白内障の手術後、数か月〜数年して、また「眩しくなる」「目がかすむ」ことがあります。

これは「後発白内障」といわれるもので、

手術の際に残しておいた水晶体の後嚢が濁ってくるために起こります。

後発白内障は手術の必要がなく、

レーザーを使って簡単に濁りを取ることができます。

視力はすぐに回復し、入院の必要もありません。



14日間視力回復プログラム!川村博士の視力回復法”ジニアスeye"
白内障とは
白内障の原因
白内障の症状
白内障の治療
白内障の手術前検査
白内障手術の入院期間と日帰り手術
白内障の手術
白内障手術後の経過と養生
いびき対策、防止に。1ヶ月で、いびきをかかない体質にする4ステップ
リンクについて
リンク集
いびき対策、防止に。1ヶ月で、いびきをかかない体質にする4ステップ





































白内障の症状と治療 All copyrights 2009 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。