ほめずに子どもを伸ばす「勇気づけ」の子育て法

しっかり治そう慢性副鼻腔炎 

副鼻腔炎は鼻の奥にある副鼻腔に炎症が広がることによって起こる病気で急性副鼻腔炎と慢性副鼻腔炎(蓄膿症)があります

サイトマップ

慢性副鼻腔炎の症状

症状の現れ方

鼻汁が絶えず出てきてよく鼻をかむ、鼻が常に詰まっていて、口で呼吸をしている、いびきをかくなどの症状が慢性的に持続します。



両側に症状が現れることが普通です。

そのほか、鼻漏がのどにまわる、においがわからない、頭痛などの症状が現れます。

検査と診断

専門医が鼻を覗いてみると、鼻汁や鼻茸を認めることが多くあります。

鼻茸が認められたら、慢性副鼻腔炎の可能性が非常に高くなります。

慢性副鼻腔炎の診断には画像検査が必要です。

単純X線検査で、殆どの場合に副鼻腔の陰影を見つけることができ、慢性副鼻腔炎と診断できますが、より正確な診断をするにはCT検査が必要になります。

症状のよく似たものにアレルギー性鼻炎があります。

慢性副鼻腔炎には、アレルギー性鼻炎と同様に鼻汁や鼻閉感がありますが、アレルギー性鼻炎にみられる鼻の掻痒感やくしゃみを伴わないので、見分けがつきます。


病気に気づいたらどうする

鼻汁が3ヶ月以上持続する場合や、3ヶ月たたなくても鼻汁に強い閉塞感が加わった場合には、耳鼻咽喉科を受診してください。

とくに、成人になってから気管支喘息にかかっていて、そのうえ鼻汁と鼻閉感が現れたら、すぐに耳鼻咽喉科の専門医の診察を受けてください。

慢性副鼻腔炎の主な症状

鼻づまり

・頭重感、頭痛

・生活に支障(だるい、集中力がない)

・鼻水、後鼻漏(黄色い鼻水や粘り気のある鼻水が鼻や鼻の奥から出る)

・嗅覚異常(臭いがわからない)


慢性副鼻腔炎の治療法



いびき対策、防止に。1ヶ月で、いびきをかかない体質にする4ステップ
副鼻腔炎とは
慢性副鼻腔炎の症状
慢性副鼻腔炎の治療法
鼻茸ってなに
慢性副鼻腔炎の治療プラン
アレルギー性鼻炎や喘息を合併している場合
慢性副鼻腔炎を繰り返さないために
ぜんそく・アトピー・鼻炎の治し方
リンク集
鼻炎、肌荒れ、かゆみ、花粉症、結膜炎、アレルギー症状から30日で解放されて対症療法ではなく根本から治す方法
歯医者のウデを見抜ける通い方 歯周病偏
耳鳴り・難聴 完全改善プログラム


いびき対策、防止に。1ヶ月で、いびきをかかない体質にする4ステップ













































蓄膿 薬



しっかり治そう慢性副鼻腔炎 All copyrights 2010 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。