不眠症を語る〜睡眠がとれないとどうなる?不眠のQ&A〜 

いびき対策、防止に。1ヶ月で、いびきをかかない体質にする4ステップ

不眠を改善する方法

睡眠不足は健康を害します。体調をくずす原因です。睡眠不足がなんらかの疾患を引き起こし、その疾患が睡眠不足を悪化させることもあります。
日本人の4〜5人に1人は睡眠についてなんらかの問題を抱えているという統計結果もあります。睡眠について少し勉強してみましょう。

サイトマップ TOP >

睡眠薬の副作用

Q睡眠薬の副作用について教えてください。

A睡眠薬服用中には以下のような副作用があらわれることがあります。

持ち越し効果

翌日になっても薬の作用が続くため、日中に眠気、ふらつき、記憶・注意力の低下が起こることがあります。

記憶障害

睡眠薬の服用直後や一度眠って途中で起きた時の行動、物事を覚えていないという現象が起こることがあります。

筋弛緩作用

筋肉がゆるんでしまうため、ふらつきや脱力感の原因になります。特にご高齢の方の店頭や骨折には注意が必要です。

反跳性不眠

睡眠薬を一定期間服用した後に、急に服用を止めると、睡眠薬を服用する以前よりも眠れなくなることがあります。



不眠、不眠症の方のためのセラピーCD「睡眠革命」
睡眠不足と体の調子
睡眠時間は何位間くらいが最適
睡眠の種類
お酒でも眠れる?
睡眠を上手にとる工夫
睡眠薬は怖い?
睡眠薬の副作用
睡眠薬の注意点
睡眠薬の中止、変更
高齢者の睡眠薬服用
『不眠症改善・快眠マニュアル』
リンク集
うつ病・自律神経失調症・不眠に効く!自律神経バランス整体を自宅で出来る“バラ整”DVD実技指導解説編+知識解説冊子版
不眠症解消 新・自己催眠療法による不眠症解消プログラム
不眠症で悩まずにぐっすりと眠る方法
不眠症を完全に克服する会




不眠症を語る All copyrights 2009 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。