痩せられない人の為の最後のダイエット:アルティメットダイエット

女性が知っておきたい健康の常識 


思春期には月経に関する諸症状、成熟期には妊娠に関することやがんなどの病気、更年期には更年期障害と一生のうちに出てくる女性の健康課題はさまざまです。このような自分自身の身体の変化とその影響からくる健康課題をきちんと知ることは、女性が生涯を通して健康で明るく、充実した日々を過ごすために大切です。

サイトマップ TOP >

更年期障害 〜更年期〜

あせらず自分と向き合うことも大切です

卵巣の機能が衰え始めて、女性ホルモンの分泌が変化する40〜50歳代ごろに体の不調があらわれる状態を更年期障害といいます。

体調が悪くて、医療機関で診察を受けても、病気が見つかりません。

周囲からみると、怠けているようにうつることがあります。

症状1:血管運動神経系(ほてり、のぼせ、動悸、息切れ、冷え、発汗など)

症状2:筋骨格系(肩こり、腰痛など)

症状3:知覚系(しびれ、知覚過敏など)

症状4:精神・神経系(いらいら、不眠、不安感、憂鬱感など)

症状5:泌尿器・生殖器系(頻尿、尿失禁など)



このように人によって、現れる症状も度合いも様々です。

この時期は生活習慣病が発病する時期でもあります。

他の病気が潜んでいることもありますので、「更年期障害」と勝手に決めつけないで、症状がひどい場合は医療機関を受診しましょう。

更年期を乗り切りましょう

・バランスのとれた食事をとりましょう。

・睡眠は十分にとりましょう。

・生きがいを持ちましょう。

・友達を作りましょう。

・健診は定期的に受けましょう。



女性のライフサイクルごとのホルモン変化
ダイエット・拒食症
骨粗鬆症
更年期障害
女性特有のがん
リンクについて




























女性が知っておきたい健康の常識 All copyrights 2010 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。