髪のアンチエイジング

頭皮マッサージ、髪の健康に役立つ商品、育毛水を手作りする方法など、すぐにでも取り組めそうなことや「これは効きそうだ」「自分に合っている」と感じたものあれば、ぜひ長く続けてください。

「脱毛症外来」での最先端治療と効果のある市販薬

「脱毛症外来」での最先端治療と効果のある市販薬

「脱毛症外来」での最先端治療と効果のある市販薬

このエントリーをはてなブックマークに追加

医療機関において、薄毛や脱毛などのトラブルは通常、皮膚科で受け付けています。

しかし、大学病院などで「脱毛症外来」という専門外来を設けて対応しているところもあります。

脱毛症で最も多いのが円形脱毛症で、脱毛症外来の患者の約90%を占めています。

患者に男女差はなく、子どもから高齢者まで年齢的な特徴もありません。

円形脱毛症は本来、病原菌など外敵から体を守る免疫の仕組みが、何らかの事情で毛根を攻撃することによって起こる自己免疫疾患で、ストレスなどがきっかけで発症することが多く、軽度なものから重症なものまで様々です。

治療は免疫の仕組みを抑制するステロイド剤(副腎皮質ホルモン)の使用が中心となりますが、最近は「PUVA」療法を併用することで、重症の円形脱毛症の改善に効果を上げています。

PUVA療法とは皮膚に長波長紫外線を当て、その刺激によって免疫の仕組みを正常化するものです。

20代後半から40代にかけて目立ち始めるのが、男性ホルモンが大きく影響する男性型脱毛症です。

男性ホルモンは本来体毛を増やす働きがありますが、男性型脱毛症の場合、前頭部と後頭部には体毛を減らす働きかけをするのです。

治療には発毛剤や育毛剤の使用が中心です。

特にミノキシジルを配合した製品はデータ上でも効果が証明されています。

新しい治療薬として、フィナステリドという成分を含む薬も注目を集めています。

男性ホルモンの活性化を抑える働きがあり、すでに世界50ヶ国以上で売られています。

脱毛症外来では薬により治療だけでなく、ヘアケアや生活指導も行っています。

間違ったヘアケアや乱れた生活習慣が脱毛症に拍車をかけることがあるからです。

薄毛や脱毛が気になったら、皮膚科や脱毛症外来を受診することをおすすめします。

受診することで気持ちが楽になり、症状が改善したケースもあるそうです。


« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です