髪のアンチエイジング

頭皮マッサージ、髪の健康に役立つ商品、育毛水を手作りする方法など、すぐにでも取り組めそうなことや「これは効きそうだ」「自分に合っている」と感じたものあれば、ぜひ長く続けてください。

和食中心の食事が抜け毛・薄毛を予防する

和食中心の食事が抜け毛・薄毛を予防する

和食中心の食事が抜け毛・薄毛を予防する

このエントリーをはてなブックマークに追加

日本人は欧米人と比べて禿が少ないのが一般的でしたが、最近は薄毛や抜け毛の悩みを持つ人が増えています。

戦後、日本人の食生活は欧米の影響を強く受けるようになり、野菜や魚中心だった頃と比べると、高カロリーな欧米風の食生活を送る現代の日本は、のトラブルで悩む人が確実に増えているのです。

薄毛の原因の多くは、髪そのものよりも抜けやすい頭皮環境にあります。

脂肪の多い食生活を続けていると、皮脂腺が広がり、それに伴って毛穴も大きくなってきます。

穴が広くてしっかりと根を張れないため、毛が細く、ほんの少しの刺激で簡単に抜けやすくなってしまうのです。

つまり、薄毛の進行を食い止めるために有効な手段の1つとして、昔ながらの野菜や魚中心の和食に切り替えることが挙げられるのです。

よく「育毛には黒い食べ物が良い」「微量ミネラルが薄毛を予防する」といわれますが、あくまでも基本はバランスの良い和食中心の食事です。

ただ、「黒いもの」や「微量ミネラル」が現代人に不足しやすいものであることは確かです。

例えば、亜鉛は貝類、ナッツ類、小豆や黒豆などに含まれるミネラルで、新しい細胞を作ったり傷を早く治す働きを助けたりします。

最近は、亜鉛不足による味覚障害が増えています。

味覚障害に陥ると味に鈍感になり、他の人が驚愕するような味付けのものを平気で食べている、といったことが起きてしまうのです。

食生活の偏りは、このように様々な不調をもたらしますし、髪にも悪い影響を与えます。

肉やファストフード類はできるだけ控え、魚や野菜、会、真似、海草類など、不足しがちな食材を積極的に食べるよう心がける、季節の食材を取り入れた和食にするなど、極めて基本的な食への姿勢が、薄毛や抜け毛を予防するのです。

また、遺伝的に薄毛体質な方などは、特に1日も早い食生活の改善を図りましょう。


« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です