髪のアンチエイジング

頭皮マッサージ、髪の健康に役立つ商品、育毛水を手作りする方法など、すぐにでも取り組めそうなことや「これは効きそうだ」「自分に合っている」と感じたものあれば、ぜひ長く続けてください。

抜け毛を防ぎ、髪を健康に育てる「正しいシャンプーのやり方」

抜け毛を防ぎ、髪を健康に育てる「正しいシャンプーのやり方」

抜け毛を防ぎ、髪を健康に育てる「正しいシャンプーのやり方」

このエントリーをはてなブックマークに追加

市販のシャンプーの売り文句は「に優しい」「ツヤツヤになる」というような、髪の毛が中心のものが多いようです。

しかし、本来シャンプーの目的は髪の毛ではなく頭皮を洗うことにあります。

髪を洗うことばかり意識して、頭皮の洗浄が不十分だと髪そのものに悪影響を及ぼします。

頭皮は髪の土壌であり、そこが汚れていれば髪も細く弱くなってしまうのです。

間違ったシャンプーを続けていると、より髪にダメージを与えることになりかねません。

髪の薄い人の中には乾燥肌の人もいますが、皮脂の分泌の多い人の方が脱毛しやすい傾向にあるようです。

皮脂が多いと毛に脂が溜まり、髪が細くなってしまうのです。このようなタイプは特に頭皮の脂を取り去ることが大切です。

ですからシャンプーをできるだけ毎日行って、その日の汚れはその日のうちに落とすようにしてください。

さらに大切なことがあります。それはすすぎです。

いい加減にすすいでいるとシャンプー剤が頭皮に残ったままになってしまい、炎症などの原因になりがちです。

脱毛の直接の原因になる場合もあります。

目安として、1分間シャンプーをしたら1分間すすぎましょう。

つまり、シャンプーに使った時間と同じくらいの時間をかけて、しっかりすすぐのです。

洗う時は指の腹を使って、後頭部の襟足の生え際から上に向かって、地肌を洗っていきます。

髪が生えている流れに逆行して洗うことで、しっかり頭皮の脂を取ることができます。爪を立てると頭皮が傷つくので注意しましょう。

1回目で軽く全体の汚れを落とし、毛が薄くなっている部分はしっかり洗います。

頭頂部は皮脂の分泌が盛んですから、ここから毛が薄くなっていく場合が多いです。

「抜けるのが嫌だから」としっかり洗わないでいると、一層脱毛が進むこともあります。

リンスの使い方にも注意が必要です。

リンスは髪の摩擦抵抗を低くし、指通りの良い状態にするためのものですから、頭皮に付着しないようあっさりと髪に行く渡らせる必要があります。

また、養毛剤や育毛剤はシャンプーで汚れを取り除いた後の頭皮につけることで、高い効果が期待できます。

軽くタオルで水気を吸わせてからつけましょう。


« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です