髪のアンチエイジング

頭皮マッサージ、髪の健康に役立つ商品、育毛水を手作りする方法など、すぐにでも取り組めそうなことや「これは効きそうだ」「自分に合っている」と感じたものあれば、ぜひ長く続けてください。

春夏のケアが髪の寿命を決定する

春夏のケアが髪の寿命を決定する

春夏のケアが髪の寿命を決定する

このエントリーをはてなブックマークに追加

にとって要注意なのが、春から夏にかけてのシーズン。

汗や皮脂が頭皮に溜まりやすくなるうえ、髪にダメージを与える紫外線が強くなるからです。

紫外線とエアコンによる乾燥は髪の大敵です。

紫外線は水と一緒になった時、影響が強く表れるので、夏場のプールや海辺では髪が濡れたまま紫外線を浴びないようにしましょう。

日常生活でも、外出時は帽子を被ったり髪をまとめたりなどして、紫外線を浴びる面積が少なくなる工夫を。

また、エアコンが効いた部屋は枝毛や切れ毛になりやすくなります。

髪の水分が失われてキューティクルが剥がれやすくなるからです。

キューティクルは摩擦や熱、紫外線などを受けると傷つきやすく、一度傷ついたり剥がれたりすると修復できません。

健康な髪の寿命は4~6年ですが、キューティクルが傷つくと寿命が短くなったり、抜け毛などのトラブルになったりします。

キューティクルが痛む原因としては、エアコンによる乾燥以外にも乱暴やシャンプーや無理なブラッシング、ドライヤーの熱、パーマやヘアカラーの薬液による影響があります。

健康で美しい髪を保つには、地肌(頭皮)をみずみずしく保つのも大切な条件です。

「髪と頭皮を清潔に保つ」「髪に水分と油分を補う」「毛根の新陳代謝を高める」といった基本を守ることが大切です。

髪を洗う時はよく泡立て、指の腹でマッサージするように頭皮を洗いましょう。

優しく、しっかり洗うことがポイントです。

頭皮に皮脂やあか、皮脂に付着したほこりなどが残っていると、それが毛穴を詰まらせて頭髪の成長を妨げることがあります。

また、皮脂が微生物によって分解されて刺激物質に変わることで毛根に悪影響を与えることもあります。

ですから、その日の汚れはその日のうちに落としておくことが大事です。

頭皮を優しくしっかり洗うことは、頭皮の血行促進効果も期待できます。

髪が濡れて水分を吸収して膨らんだ状態のままドライヤーをかけると、髪を傷める原因になります。

ドライヤーの前にタオルでできるだけ水分を取っておきましょう。

しっとりとした仕上げのシャンプーやリンス、トリートメントを使って髪の水分を保つのはもちろん、ヘアコート剤やヘアクリームで髪の表面を保護しておくことも大切です。


« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です