髪のアンチエイジング

頭皮マッサージ、髪の健康に役立つ商品、育毛水を手作りする方法など、すぐにでも取り組めそうなことや「これは効きそうだ」「自分に合っている」と感じたものあれば、ぜひ長く続けてください。

髪を傷めず、汚れのみを洗い流す酢洗髪

髪を傷めず、汚れのみを洗い流す酢洗髪

髪を傷めず、汚れのみを洗い流す酢洗髪

このエントリーをはてなブックマークに追加

昔から酢は、まな板の殺菌や水虫の治療などに用いられてきました。

この酢を使ってを洗えば、髪を傷めず、汚れもきれいに落ちるのではと考えられたのが「酢洗髪」です。

市販のシャンプーに多く使われている合成界面活性剤は洗浄力抜群ですが、髪に必要なタンパク質を奪い、頭皮を傷める原因になるので、髪によいものではありません。

毎日シャンプーをしているのに頭皮がベタつく、という人は合成界面活性剤が多いシャンプーを使っている証拠です。

頭皮を守るために必要な脂分まで界面活性剤が奪ってしまうため、それを補おうとして大量に脂分が出てしまっているのです。

その点、酢洗髪は天然の素材だけを使っていますから安全です。

最初はベタついたり、フケが出たりしますが、これは今まで頭皮に溜まっていたシャンプーや石けんに含まれる保湿剤などが落ちている証拠ですから、あまり気にせず続けてください。

約1ヶ月で毛根が健康になり、3ヶ月したらうぶ毛が生えてくるでしょう。

〈すぐにできる酢洗髪のやり方〉

(1)洗面器にお湯を張り、酢(小さじ1杯の穀物酢)を入れる。

(2)洗面器の中で頭皮をマッサージするようにして、髪をよく洗う。

(3)お湯で2~3回すすぐ。

(4)よく乾かす。

ムースなどの整髪料をつけていても、2回ほど洗えば汚れはきちんと落とせる。

使う酢の量は少量なので、髪の色素が抜けたりにおいが残ったりする心配はない。

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です