髪のアンチエイジング

頭皮マッサージ、髪の健康に役立つ商品、育毛水を手作りする方法など、すぐにでも取り組めそうなことや「これは効きそうだ」「自分に合っている」と感じたものあれば、ぜひ長く続けてください。

解決しにくい髪の悩みに答える健康食品

多種多様の薬草や野草のエキスで「肝」を強化する「育毛茶」

多種多様の薬草や野草のエキスで「肝」を強化する「育毛茶」

の悩みが高じて精神安定剤を処方される人がいるほど、皆さんありとあらゆる育毛剤を試しては挫折し、を繰り返しているのです。

しかし、髪は頭皮のトラブルだけを解消すれば生えるというものではなく、体の健康が非常に重要なのです。

「育毛茶」は、まず体全体を血行にするドクダミ、杜仲茶、ハトムギなどが入っています。

これらは体の代謝を良くして老廃物を排出し、血行を良くします。

さらに根昆布、黒ゴマ、クコの葉なども加えられています。 (さらに…)

霊芝、アロエ、黒ゴマなどをバランス良く配合した「頭髪茶」

霊芝、アロエ、黒ゴマなどをバランス良く配合した「頭髪茶」

日本人のの量は、平均で約10万本あり、1日にそれぞれ0.35~0.4mm伸び続けているといわれています。

つまり合計すると1日に40m生産されていることになります。

これだけの髪を育成するには、いかに栄養の補給が大切かお分かりでしょう。

さらに、栄養補給のためには頭の血行を良くすることも大事です。

何らかの事情で血液の循環が滞ると、髪に血液が行き渡らず、ひいては白髪や抜け毛の原因となるのです。

そこで役立つのが「頭髪茶」です。 (さらに…)

中国伝統の飲む養毛剤「首烏片」の威力

中国伝統の飲む養毛剤「首烏片」の威力

中成薬(中国の伝統医学の処方を製剤化したもの。中国漢方薬ともいう)には、毛を黒く豊かにし、老化を遅らせる薬があります。

「首烏片(しゅうへん)」という薬で、日本では便秘や強壮作用の薬として知られていました。

本場の中国では、むしろ白髪や抜け毛などの髪トラブルに大変良く効くことで評価されています。

首烏片の主要成分は、「何首烏(かしゅう)」という生薬で、原料はタデ科のツルドクダミの塊根です。

中医学では「肝腎同源」という言葉があり、五臓六腑の中でも「肝」と「腎」は密接に関わっているとされています。

老化は肝と腎の衰えからくるもので、両者の働きを高めることが老化防止に繋がると考えられています。

髪の状態も肝と腎が深く関係しています。

中国では髪は「血餘」と呼ばれ、「血」の一部と考えられていますが、血は肝に蓄えられます。

肝の働きが低下すると血の循環が悪くなるため、髪も衰えるのです。

逆に肝の働きを活発にしてやれば血の循環が改善され、髪も蘇るというわけです。

また、髪は「腎の華」ともいわれ、腎の状態も反映されるといわれています。

腎は「気(生命エネルギー)」を蓄えておくところで、ここの働きが悪くなると生命エネルギーが不足してホルモンの減退などが起こり、全身が衰えてきます。

白髪や脱毛など髪の老化も、そうした全身の衰えからくる症状の1つといっていいでしょう。

首烏片は髪の若返りはもちろん、老化防止や体力増強の効果もあります。

さらに血中コレステロールを下げたり、抑うつ状態を改善したりする効果もあります。

効き方を穏やかで、副作用もありません。

中国漢方を扱っている漢方薬局で手に入ります。

抜け毛、白髪だけでなく老化による体力減退を意識している方におすすめです。


男性ホルモンを抑制する「プロペシア」と、血行を促進する「ロゲイン」

男性ホルモンを抑制する「プロペシア」と、血行を促進する「ロゲイン」

前頭部や頭頂部の毛は、男性ホルモン(テストステロン)によって発育が抑えられやすいのですが、男性ホルモンはこのような悪さを働く際、「ジヒドテストステロン(DHT)」という物質に変わります。

この変換を促すのが5α-レダクターゼという酵素で、内服薬「プロペシア」の活性成分「フィナステライド」は、5α-レダクターゼを阻害することで毛根への作用をブロックするのです。

頭頂部の脱毛に悩む男性を対象としたアメリカの臨床試験によると、1日1mgのプロペシアの内服を1年間続けた男性の毛髪量は、服用しなかった男性に比べ10円玉大の面積につき107本も多く、2年後にはその差が138本に開いたそうです。

一方、外用薬の「ロゲイン」の主成分、ミノキシジルは血管を拡張し、血行を促進させる作用を持っています。 (さらに…)

黄金キビの植物性ステロイド

黄金キビの植物性ステロイド

スイスでは200年以上前から、収穫した黄金キビを絞ったものを飲む習慣があります。

特に出産後の女性の弱ったの毛につやとハリが戻り、太く強くなると信じられています。

このような効果は「植物性ステロイド」の働きによるものであることが分かっています。

人間のステロイドは、副腎から分泌されているホルモンの一種で、強力な抗炎症効果と免疫向上効果を持ち、ストレスなどで変調をきたした体を元に戻す作用もあります。

それと同じような作用を持つ植物性の成分が植物性ステロイドで、有名なものに大豆イソフラボンがあります。 (さらに…)

女性の髪の悩みを解決するキクイモの力

女性の髪の悩みを解決するキクイモの力

名前に「イモ」がつきますが、キクイモ(菊芋)はキク科の植物で、原産は北アメリカ。

日本各地でも見ることができます。

花がキクに似ていて、根の部分が芋状のため「キクイモ」と名付けられたといわれています。

食用は根の部分です。

近年、この根に含まれる「イヌリン」という多糖体に血糖値を下げる効果があると人気です。

男性のトラブルが遺伝的な要素が強いのに対し、女性の髪トラブルは加齢によって「若返りホルモン」ともいわれるDHEAを始めとした、様々なホルモンの分泌が低下することが原因にあります。

髪トラブルを抱えた女性がキクイモを食べたところ、抜け毛や白髪が改善したという結果が多く聞かれたそうです。

キクイモのどの成分が効いたかについては、今後の研究が待たれますが、何らかの成分が髪や肌の若さに関与するホルモンに働きかけ、それらの分泌を良くすることで髪のトラブル解消に役立ってくれるものと考えられています。 (さらに…)