骨董品ビジネスを始めよう!

「道楽」は崩れた感じがしますが、「趣味」は人生の糧のようなもの。道楽に陥らない、骨董収集の手ほどきと、単なる趣味でなくビジネスに繋げる道筋を紹介していきます。

インターネット

目指せ勝ち組100万円

目指せ勝ち組100万円

学生時代最後の思い出にと、バックパックの旅を楽しんでいたD君は、ドイツのフランクフルトで1軒の骨董屋に入りました。

ヨーロッパ・アンティークの中に、場違いの漆塗りのレターケースがありました。

箱の真ん中に菊の紋章が蒔絵で描いてあります。

店員の薦めでレターケースを手に乗り、蓋を開けると説明書きがあり、昭和天皇からドイツの外交官への贈り物と記されていました。

「このレターケース、本当に天皇がプレゼントした物?」「あなた日本人? 功績があった外交官が帰国する時、プレゼントをもらうことがあるのよ。この菊の紋章、普通の人は使えない。花びらがダブルになっているでしょ」「いくら?」「500ユーロ、安いでしょ?」当時の日本円に直して6万円ほど、バックパッカーには厳しい値段です。

結局Dさんは買いませんでした。

帰国して家業が骨董屋の友人と話す機会があり、そのことを話しました。 (さらに…)