骨董品ビジネスを始めよう!

「道楽」は崩れた感じがしますが、「趣味」は人生の糧のようなもの。道楽に陥らない、骨董収集の手ほどきと、単なる趣味でなくビジネスに繋げる道筋を紹介していきます。

美術

仏像美術

仏像美術

、教典、仏具、仏像と範囲が広いですが、ここでは仏像に絞って説明します。

国別に大きく分類すると、インド、東南アジア、中国、朝鮮、日本に分けることができます。

インド・ガンダーラ仏像

仏像美術を目指す人は、このジャンルを勉強するといいでしょう。

石像を中心とし、小品の中に銅製の物が見られます。

ヒンズー教の神像が圧倒的に多く、次いで仏像になります。

インドやガンダーラの彫像は石窟寺院の壁面や基壇部分に刻まれたものが多く、そのほとんどが浮き彫りになっています。

女神像などは腰や乳房が写実的でエロチシズムを漂わせており、そんな女神像を見ながら修行する僧の苦労が思いやられます。

石室は赤色砂岩が多いですが、場所や時代によって数種類のものが用いられています。 (さらに…)