口唇ヘルペスってどんな病気? 

いびき対策、防止に。1ヶ月で、いびきをかかない体質にする4ステップ

唇やその周囲に小さな水ぶくれができる病気「口唇ヘルペス」は、単純ヘルペスウイルスが原因で起こります。単純ヘルペスウイルスは感染力が強く、直接的な接触のほかにウイルスがついたタオルやグラスなどを介しても感染します。

サイトマップ TOP >


早目に治療

再発の予感がしたら、あるいは、口唇ヘルペスの症状が出たら、



早い時期に治療を始めるほうが治りも早くなります。

治療にあたっては、ウイルスを退治する抗ウイルス薬を使うことが最も効果的です。

最近では、軟膏や錠剤の抗ウイルス剤もあるので、

手軽に治療できるようになりました。

ただし、抗ウイルス薬はウイルスの遺伝子に働いてウイルスの増殖を抑制するもので、

ウイルスを殺す作用はなく、

また、神経節にひそんでいるウイルスに対しても効果がありません。

したがって、症状が出ている間、特に症状の出始めのウイルスが増えている時期が

治療の良い機会なのです。



原因は単純ヘルペスウイルス
抗体をもっていない人が増加
ウイルスは体内に潜んでいる
他人と接触
無症状でもウイルス排出の可能性
皮膚症状は2週間ほどで治る
再発のきざし
早目に治療
まずは安静、そして治療
注意すること
リンクについて
リンク集




口唇ヘルペスってどんな病気? All copyrights 2009 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。