口唇ヘルペスってどんな病気? 

いびき対策、防止に。1ヶ月で、いびきをかかない体質にする4ステップ

唇やその周囲に小さな水ぶくれができる病気「口唇ヘルペス」は、単純ヘルペスウイルスが原因で起こります。単純ヘルペスウイルスは感染力が強く、直接的な接触のほかにウイルスがついたタオルやグラスなどを介しても感染します。

サイトマップ TOP >


注意すること

人との接触に注意しましょう

症状が出ている時期はウイルスの量も多く、感染源になるので、



人との接触には注意が必要です。

相手が抗体を持っていて抵抗力がある場合には発症しないか、発症しても軽症ですが、

相手が重症化しやすいのは、次のようなケースです。

新生児

免疫機能が未発達なので、全身に強い症状が出るため、

キスなどは避けてください。

尚、母親が既に抗体を持っている場合、抗体が胎盤を通じて新生児にわたり、それほど重症化しません。

いずれにしても症状が出ているときは赤ちゃんとの接触は控えるほうがよいでしょう。

抗体をもっていないパートナー

オーラルセックスで相手に性器ヘルペスを発症させる危険性があります。

初感染の性器ヘルペスは重症化するので気をつけましょう。

抗体を持っているのかどうかが気になる人は検査を受けるとよいでしょう。

アトピー性皮膚炎の人

皮膚にバリアがないので皮膚に触れると簡単に感染し、重症化します。

病気などで免疫機能が低下している人

白血病悪性腫瘍移植手術後などの患者さんに対してはお見舞いも控えましょう。



患部に触れないように

自分自身も患部に触れて感染するので、

むやみにあちらこちら触らないように気を付けてください。

特に目に感染して発症する角膜ヘルペスは失明する危険性がありますので、注意しましょう。

といっても、ほとんどの口唇ヘルペスは再発型であるため、

本人はすでに抗体をもっているのであまり神経質になる必要はありません。

抗ウイルス剤で治療していれば口紅などのお化粧をしてもかまいません。

ただし、次の点には気を付けてください。

●患部に触れた指で目を触らない。

コンタクトレンズを唾液で濡らして装着しない。

●患部に触れた後や、外用薬を塗った後には手を洗う。

●水ぶくれは破らない
 水ぶくれが破れると細菌感染も加わり痕が残ることもあります。


タオルなどは共用しない

単純ヘルペスウイルスの感染力は強く、

ウイルスがついたタオルや食器からも感染するのでこれらの共用は避けてください。

●食器は洗剤で洗う

食器についた唾液の中でウイルスはかなり長い時間生きています。洗剤できちんと洗いましょう。

●タオルは日光によく当てて乾かす

ほかの洗濯物と一緒に洗ってかまいません。日光によく当てて乾かしましょう。

原因は単純ヘルペスウイルス
抗体をもっていない人が増加
ウイルスは体内に潜んでいる
他人と接触
無症状でもウイルス排出の可能性
皮膚症状は2週間ほどで治る
再発のきざし
早目に治療
まずは安静、そして治療
注意すること
リンクについて
リンク集




口唇ヘルペスってどんな病気? All copyrights 2009 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。