薬の賢い買い方&飲み方 

2009年6月1日に施行された改正薬事法によって、市販薬の販売方法が変わりました。軽度の症状や不調なら病院へ行かず市販薬を利用することで増え続ける医療費にストップをかける狙いがあります。
自己責任で薬を購入し自分の健康管理を求められているいますので、薬局薬店の上手な利用法、薬に関する正しい知識を知っておきましょう。

サイトマップ TOP >

OTC医薬品の分類

OTC医薬品を3つに分類、薬によって買える店や対応する人が違う

今回の薬事法で、大きく2つのことが変わりました。



1つはOTC医薬品を成分や効能・効果・副作用などを含めた使用方法の難易度に応じて、3つに分類したことです。

実際にどのタイプに分類されているかは、薬のパッケージに表示されています。

2つ目は薬の分類によって、購入できる店や薬を売る人が異なるという点です。

第1類医薬品は効き目の高い薬ですが、服用には注意も必要です。

通常の市販薬より作用の強い「スイッチOTC医薬品」(これまで医師の処方箋が買えなかった成分が含まれた薬が市販薬として購入できるようになったもの)もこの分類に含まれます。

第1類医薬品は、薬剤師が薬について書面で説明する義務があるため、薬剤師がいる薬局・薬店でしか取り扱いがありません。

薬の陳列場所もカウンターの奥にあり、薬剤師を通さないと薬を手にとれないようになっています。

それに対して第2類医薬品第3類医薬品は、比較的リスクの低い薬で、薬剤師のいる薬局・薬店ではもちろん、「登録販売者」の資格をもった人がいれば、

ドラッグストアコンビニエンスストアスーパーマーケットなどでも販売することができます。

そのため、薬に対応する専門家がいれば、夜中でもコンビニで薬を買うことができます。

ただし、コンビニでは第1類医薬品は買えないこと、薬に対応する専門家がいないコンビニでは薬を買うことができないということは理解しておきましょう。



第1類医薬品 第2類医薬品 第3類医薬品
医薬品の特徴 OTC医薬品として使用期間が短く、副作用・飲み合わせなど服用するときに安全上、特に注意を要する成分を含むもの 副作用、飲み合わせなどで安全上、注意を要する成分を含むもの。尚、この中で特に注意を必要とするものは「指定第2類医薬品」と位置付けられている。 副作用や飲み合わせにおいて、比較的安全とされているもの。日常生活に支障をきたすほどではないが、体に変調を起こす恐れがある成分を含むもの
主な薬の例 H2ブロッカーを含む薬(胃酸過多を改善する胃薬など)、一部の育毛剤・水虫の薬、禁煙補助剤など かぜ薬(総合感冒薬)、解熱鎮痛剤、胃腸鎮痛鎮痙剤、生薬成分を含む漢方薬など ビタミンB・ビタミンC含有保健薬、整腸剤、消化剤など
対応する専門家 薬剤師(薬剤師不在時には購入できない) 薬剤師または登録販売者 薬剤師または登録販売者
情報提供 薬剤師は、書面で薬の服用法、副作用、効能、効果などについて説明する義務がある 販売するときに、情報提供の努力義務がある 薬の情報提供は原則不要だが、購入者から質問があったときには相談に応じる



いびき対策、防止に。1ヶ月で、いびきをかかない体質にする4ステップ
お店で買う薬はOTC医薬品
OTC医薬品の分類
薬を買うときは薬剤師に相談
OTC医薬品買ったら説明書チェック
行きつけの薬局をもつ
薬の正しい使い方Q&A
お茶で薬を飲んではダメ?
錠剤を砕いて飲んでいい?
食前に飲む薬を飲み忘れた
薬の相互作用とは
こんな症状のときはすぐに病院へ
スリムで健康的な生活を送る人のベジタリアン入門講座
リンクについて
リンク集
体脂肪がどんどん燃える!いまだかつて無い秘密の痩せ方「スタイルエクサ+K」DVDマニュアル!現役インストラクターであり、日本肥満予防健康協会認定講師KEIKOが本当の痩せ方教えます。
薬を飲んでもなかなか下がらなかった血糖値がらくらく健康法でコントロールできた誰でもできる簡単な方法とは?
























薬の賢い買い方&飲み方 All copyrights 2009 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。