薬の賢い買い方&飲み方 

2009年6月1日に施行された改正薬事法によって、市販薬の販売方法が変わりました。軽度の症状や不調なら病院へ行かず市販薬を利用することで増え続ける医療費にストップをかける狙いがあります。
自己責任で薬を購入し自分の健康管理を求められているいますので、薬局薬店の上手な利用法、薬に関する正しい知識を知っておきましょう。

サイトマップ TOP >

薬を買うときは薬剤師に相談

薬を買うときは必ず薬剤師または登録販売者に相談してください

医師から処方される薬は、患者の体質や症状に合った、いわばオーダーメイドの薬ですが、OTC医薬品はそうではありません。



OTC医薬品には、さまざまな成分が配合されています。

例えば、かぜ薬は「総合感冒薬」と呼ばれ、熱、鼻水、咳など、かぜの複数の症状を改善する成分がいろいろ含まれています。

自分の体質や症状に合った薬を選ぶためにも、薬を購入するときは必ず薬剤師または登録販売者に相談することが大切です。

スーパー、コンビニには、薬に対応しない店員もいます。

薬を購入する場合は、「薬剤師(または登録販売者)は誰ですか?」と聞くようにしましょう。

そして現在の症状のほか、下記表に挙げた項目を伝えます。

あらかじめ必要なことをメモしておくと、より整理して伝えられます。

薬剤師や登録販売者は、症状、その他の情報から、いくつかの薬を選んで提示してくれます。

それぞれの薬の特徴や副作用を聞いて、最終的にその中から自分がよいと思う薬を選ぶのが、賢い買い方です。

とにかく薬についてわからないことがあれば、薬剤師などに積極的に聞きましょう。

特に副作用についての説明はしっかり受けること。

OTC医薬品は安全性の高いものですが、まったく副作用のない薬というのはありません。

必ず現れるわけではないですが、知っていれば副作用が出てもあわてることなく、医師や薬剤師に相談できます。

このほか、薬の服用法、注意すべき薬の飲み合わせや食べ合わせなどを確認してきましょう。

第3類医薬品については、薬剤師などからの情報提供が原則不要になっていますが、こちらから情報を求めれば応えてくれます。

どんな薬なのか、納得して購入することが重要です。



薬を買うとき、薬剤師などに伝えるべきこと

1 薬を服用する人は誰か(自分、子供など)
2 薬を服用する人の年齢
3 いつから、どんな症状があるのか(現在の症状)
4 ほかに服用している薬があるか、どんな処置をしたか
5 現在、別の病気で通院しているかどうか
6 これまで薬や食べ物でアレルギーを起こしたことはあるか
7 薬を服用して強い副作用を経験したことがあるか
8 車の運転や、仕事で機械操作をするか(薬によっては眠くなる成分が含まれているものがあるので)
9 女性の場合、妊娠中または妊娠の可能性があるか



いびき対策、防止に。1ヶ月で、いびきをかかない体質にする4ステップ
お店で買う薬はOTC医薬品
OTC医薬品の分類
薬を買うときは薬剤師に相談
OTC医薬品買ったら説明書チェック
行きつけの薬局をもつ
薬の正しい使い方Q&A
お茶で薬を飲んではダメ?
錠剤を砕いて飲んでいい?
食前に飲む薬を飲み忘れた
薬の相互作用とは
こんな症状のときはすぐに病院へ
スリムで健康的な生活を送る人のベジタリアン入門講座
リンクについて
リンク集
体脂肪がどんどん燃える!いまだかつて無い秘密の痩せ方「スタイルエクサ+K」DVDマニュアル!現役インストラクターであり、日本肥満予防健康協会認定講師KEIKOが本当の痩せ方教えます。
薬を飲んでもなかなか下がらなかった血糖値がらくらく健康法でコントロールできた誰でもできる簡単な方法とは?
































薬の賢い買い方&飲み方 All copyrights 2009 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。