薬の賢い買い方&飲み方 

2009年6月1日に施行された改正薬事法によって、市販薬の販売方法が変わりました。軽度の症状や不調なら病院へ行かず市販薬を利用することで増え続ける医療費にストップをかける狙いがあります。
自己責任で薬を購入し自分の健康管理を求められているいますので、薬局薬店の上手な利用法、薬に関する正しい知識を知っておきましょう。

サイトマップ TOP >

行きつけの薬局をもつ

健康生活を心がけたうえで薬剤師を健康アドバイザーにOTC医薬品を上手に使う

OTC医薬品を上手に使って、自分で健康管理をするには、薬のことを何でも相談できる、かかりつけの薬局をつくると心強いものです。



家の近所または職場の近くに、親しい薬剤師のいるかかりつけの薬局を持つと、次のようなメリットがあります。

まず、あなたの体質やこれまでの副作用などの情報を持っているので、適切な薬を勧めてくれます。

また、薬の重複も防ぐことができます。

その薬局が医師の処方箋を調剤する保険薬局なら、OTC医薬品と処方箋の飲み合わせもチェックしてくれます。

体の調子がよくないと思ったら、すぐに医師に頼ることはせず、まずは馴染みの薬剤師のいる薬局・薬店へ相談にいきましょう。

症状によっては病院へ行ったほうがよい場合もありますが、その相談に応じるのも薬剤師の役割です。

話や状況から病院へ行かなくてもよいと判断したら、「こんな症状のときは、この薬を飲んで養生すれば大丈夫」とアドバイスをしてくれます。

セルフメディケーションの基本は、栄養バランスのとれた食生活、適度な運動、十分な睡眠(休養)の3つ。

これらのバランスがとれた生活習慣を心がけて日ごろから健康意識を高く持つことが重要です。

そして、体が不調になったときは、薬剤師というアドバイザーに相談し、OTC医薬品を上手に使って症状を軽減、改善して、自身の健康管理に努めましょう。


お薬手帳を活用しよう

薬を安全に服用し、ほかの薬との飲み合わせによる相互作用を防ぐためにも、「お薬手帳」を持つことをお勧めします。

ふつうにノートに、薬局からもらった薬の情報のプリントを貼りつけたり、医師や薬剤師から聞いたことをメモしたりしても良いでしょう。

そうすれば、自分の薬の記録が、ひと目でわかります。

副作用が出た薬や、自分に合っていたようで効き目がよかった薬もわかります。

また、自分が服用した薬を記録しておけば、薬剤師や登録販売者に相談するときはもちろん、受診の際に医師に見せれば診断に役立ちます。



いびき対策、防止に。1ヶ月で、いびきをかかない体質にする4ステップ
お店で買う薬はOTC医薬品
OTC医薬品の分類
薬を買うときは薬剤師に相談
OTC医薬品買ったら説明書チェック
行きつけの薬局をもつ
薬の正しい使い方Q&A
お茶で薬を飲んではダメ?
錠剤を砕いて飲んでいい?
食前に飲む薬を飲み忘れた
薬の相互作用とは
こんな症状のときはすぐに病院へ
スリムで健康的な生活を送る人のベジタリアン入門講座
リンクについて
リンク集
体脂肪がどんどん燃える!いまだかつて無い秘密の痩せ方「スタイルエクサ+K」DVDマニュアル!現役インストラクターであり、日本肥満予防健康協会認定講師KEIKOが本当の痩せ方教えます。
薬を飲んでもなかなか下がらなかった血糖値がらくらく健康法でコントロールできた誰でもできる簡単な方法とは?




















薬の賢い買い方&飲み方 All copyrights 2009 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。