大原麗子 病名

薬の雑学 きちんと知ろう!正しく使おう! 

薬は正しく使ってこそ、効果があらわれるのです。
薬は病気や怪我を治すという有用な作用だけでなく、
使い方によっては毒になることもあります。
薬について、このサイトで正しい知識を身につけてください。

サイトマップ TOP >

どこが違う?医師の薬と市販薬

薬は医師が処方する薬(医療用医薬品)と、市販薬一般用医薬品)に分けられます。

医師の薬とは、医師の診断のもとに処方される薬です

医師が処方する薬は、その人だけの薬です。

医師が処方する薬は、医師や歯科医師の診察を受けたあとに、医師や歯科医師の処方に基づいて出されるものです。

その人の症状や体力、体質などに合わせて処方されますから、その人だけのもの。

他の人がその薬を使うことは危険です。

2人以上の医師にかかっているときは

医師が処方する薬は作用が強いものが多く、組み合わせによっては思わぬ副作用をもたらすことがあります。

複数の診療科・病院診療所を受診するときは、必ず診察を受ける医師にそのことを伝えてください。

また、市販薬と併用する場合にも、飲んでいる薬を持っていくなどして、医師や薬剤師に相談しましょう。


市販薬とは薬局・薬店で購入できる薬です

大勢に向けてつくられているため、効き目は穏やかです。

市販薬は、薬局や薬店で売られているもので、医師の処方箋なしで買うことができます。

大勢の人が安全に使えるよう、くすりの種類や量があらかじめ決められていて、効き目が穏やかです。

市販薬を選ぶときには、自分の症状を的確に判断し、症状をきちんと伝えて薬剤師や資格者に相談することが大切です。

また、使う前には必ず「使用上の注意」をしっかり読み、正しい用法・用量を守りましょう。

市販薬に頼りすぎると危険なことも

軽い症状のときは市販薬が便利ですが、素人判断は危険なこともあるので注意が必要です。

例えば、発熱は体が病原菌と戦うために有利な状態をつくりだそうとする働きでもあるあるので、ただ症状を抑えればいいというものではありません。

熱が高いなど症状が激しいとき、いつもと様子が違うとき、症状は軽いけど市販薬を飲んでも効果がないときなどは、早めに医師の診察を受けましょう。


雑学 −薬の知識−

最近、効き目の強い市販薬がある・・・

今までは医師が処方する薬だったものが、薬局や薬店で買うことができるようになった薬のことです。

これをスイッチOTCといいます。

胃腸薬 、 花粉症の薬 などがあります。

即効性はありますが、その分、誤って使うと副作用も大きくなります。

自分の体質や症状に合った薬を、薬剤師と相談しながら選びましょう。

いびき対策、防止に。1ヶ月で、いびきをかかない体質にする4ステップ
我が家の薬箱を点検しよう!
医師の薬と市販薬
内服薬と外用薬
薬の正しい飲み方
子供に上手に薬を飲ませる方法
お年寄りの体と薬
妊娠しているときの薬
薬についてのQ&A
医薬分業とは
健康食品を上手に利用する
ジェネリック医薬品について
スリムで健康的な生活を送る人のベジタリアン入門講座
リンクについて
リンク集
体脂肪がどんどん燃える!いまだかつて無い秘密の痩せ方「スタイルエクサ+K」DVDマニュアル!現役インストラクターであり、日本肥満予防健康協会認定講師KEIKOが本当の痩せ方教えます。
薬を飲んでもなかなか下がらなかった血糖値がらくらく健康法でコントロールできた誰でもできる簡単な方法とは?

































眼科 病名




薬の雑学 All copyrights 2009 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。