子宮筋腫 治療

薬の雑学 きちんと知ろう!正しく使おう! 

薬は正しく使ってこそ、効果があらわれるのです。
薬は病気や怪我を治すという有用な作用だけでなく、
使い方によっては毒になることもあります。
薬について、このサイトで正しい知識を身につけてください。

サイトマップ TOP >

どうしたらいい?薬の正しい飲み方

薬は、正しく使えば期待した効果が得られますが、使い方を誤ると思わぬ副作用が現れることがあります。


薬は決められた服用時間を守って!

薬には、食べ物の影響を受けやすいものや胃に障害を与えやすいものなどがあります。

また、薬の性質によってそれぞれ適した服用時間があります。

薬には決められた飲み方があるので、それをよく守って服用しましょう。

食前 食事のおよそ30分前 起床時 朝起きたらすぐに
食直前 食事をとる直前 就寝前 寝る30分〜1時間前
食後 食事の30分後
食後すぐに飲んでも効果は同じ
時間ごと 食事に関係なく一定の間隔で飲む
食間 食事と食事の間
およそ食事の2時間後
頓服 必要に応じて飲む

飲むのを忘れたらどうしたらいい?

飲むのを忘れても、次に2回分飲むことは絶対にやめましょう。

飲み忘れたことに気づいたらすぐに飲むのが基本ですが、次に飲む時間までに4時間以上(1日1回の薬なら8時間以上)開いてなかったら、一度ぬいて、次からきちんと飲むようにしましょう。
尚、抗生物質など一定の時間ごとに飲む薬の場合や迷った場合は、医師や薬剤師に相談しましょう。

自分勝手に薬の量を変えないで!

内服薬外用薬も、指示された使用量を守って使いましょう。

薬が効かないからと自分で増量することはもちろん、副作用を心配したり、あるいは具合がよくなったからといって、勝手に量を減らしたりやめたりしないこと。

薬を増減したいときは、まず、医師や薬剤師に相談しましょう。

アルコールは、飲んだら飲むな!

薬を飲んですぐにアルコールを飲むと(順序が逆でも同じ)、薬の作用が強くあらわれる可能性があります。

とくに睡眠薬精神安定剤などは、作用が強まり、昏睡意識障害に陥る危険があります。

糖尿病薬の場合、低血糖になる危険が高くなります。

薬を飲んでいるときにはアルコールを飲むのは控えましょう。

雑学 −薬はジュースで飲んでもいい?−

薬は水やぬるま湯で飲むのが原則です。

ただし、ミルクジュースで飲んでも問題のない薬もありますので、飲み方でわからないことがあれば、薬剤師に気軽に相談しましょう。

いびき対策、防止に。1ヶ月で、いびきをかかない体質にする4ステップ
我が家の薬箱を点検しよう!
医師の薬と市販薬
内服薬と外用薬
薬の正しい飲み方
子供に上手に薬を飲ませる方法
お年寄りの体と薬
妊娠しているときの薬
薬についてのQ&A
医薬分業とは
健康食品を上手に利用する
ジェネリック医薬品について
スリムで健康的な生活を送る人のベジタリアン入門講座
リンクについて
リンク集
体脂肪がどんどん燃える!いまだかつて無い秘密の痩せ方「スタイルエクサ+K」DVDマニュアル!現役インストラクターであり、日本肥満予防健康協会認定講師KEIKOが本当の痩せ方教えます。
薬を飲んでもなかなか下がらなかった血糖値がらくらく健康法でコントロールできた誰でもできる簡単な方法とは?






























漢方医 学




薬の雑学 All copyrights 2009 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。