内臓脂肪 漢方

薬の雑学 きちんと知ろう!正しく使おう! 

薬は正しく使ってこそ、効果があらわれるのです。
薬は病気や怪我を治すという有用な作用だけでなく、
使い方によっては毒になることもあります。
薬について、このサイトで正しい知識を身につけてください。

サイトマップ TOP >

どうしたらいい?お年寄りの体と薬

お年寄りは若い人に比べると内臓の働きが衰えていたり、複数の薬を飲むことが多いため副作用が起こりやすくなります。


あくまで「医師に相談してから」が基本

お年寄りは若い人に比べると薬の副作用が出やすいものです。

肝臓や腎臓など、内臓の働きが衰えてくることにより、薬が処理されず残ってしまうためと考えられています。

そのため、薬を使うときは前もってかかりつけの医師に相談するようにしましょう。

風邪などの場合も、医師の診察を受け、処方してもらった薬を飲むほうが安全です。

複数の病気を抱えているときも要注意

複数の診療科や病院・診療所で診察を受けている場合も注意が必要です。

食べ物に食べ合わせがあるように、薬にも悪い組み合わせによる「飲み合わせ(相互作用)」があるのです。

病院診療所に行く時は、他の医療機関で貰った薬を飲んでいる場合には、それを持参して見せるようにしましょう。

複数の薬を飲まなければならないようなとき、あるいは用法が複雑なとくは、かかりつけ薬局で1回に飲む分を一包にしてもらう方法もあります。

雑学 −1人で薬が飲めないときは−

患者さんに意識障害があったり、精神面での問題があったりするときには、薬の服用には家族の協力が必要です。

薬を飲んだのに「まだ飲んでない」と言い張るときは

大きなカレンダーに朝・昼・夕の服薬のシールを貼るとか、服薬ノートをつけるなどして納得してもらうようにしましょう。

寝たきりのときは

飲みこむ力も弱くなるので、上体を起こし、コップ一杯の水やぬるま湯で優しく飲ませるようにします。

いびき対策、防止に。1ヶ月で、いびきをかかない体質にする4ステップ
我が家の薬箱を点検しよう!
医師の薬と市販薬
内服薬と外用薬
薬の正しい飲み方
子供に上手に薬を飲ませる方法
お年寄りの体と薬
妊娠しているときの薬
薬についてのQ&A
医薬分業とは
健康食品を上手に利用する
ジェネリック医薬品について
スリムで健康的な生活を送る人のベジタリアン入門講座
リンクについて
リンク集
体脂肪がどんどん燃える!いまだかつて無い秘密の痩せ方「スタイルエクサ+K」DVDマニュアル!現役インストラクターであり、日本肥満予防健康協会認定講師KEIKOが本当の痩せ方教えます。
薬を飲んでもなかなか下がらなかった血糖値がらくらく健康法でコントロールできた誰でもできる簡単な方法とは?












アトピー 治療 大人




薬の雑学 All copyrights 2009 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。