アトピー 治療 名古屋

薬の雑学 きちんと知ろう!正しく使おう! 

薬は正しく使ってこそ、効果があらわれるのです。
薬は病気や怪我を治すという有用な作用だけでなく、
使い方によっては毒になることもあります。
薬について、このサイトで正しい知識を身につけてください。

サイトマップ TOP >

どうしたらいい?妊娠しているときの薬

妊娠中は、原則として薬を飲まないこと。

やむを得ず、薬が必要な場合は、医師に相談してから使うようにしましょう。


胎児に安心な処方を

妊娠すると、体の機能が大きく、しかも複雑に変わります。

そのため、妊娠中の薬は通常以上の大きな負担になります。

しかし、何より気になるのは、服薬による胎児への影響です。

ある種の薬では、飲んだ薬の一部が、胎盤を通過して胎児にも移行します。

特に問題になるのは妊娠初期の服薬で、薬によっては奇形を招く危険性もあります。

妊娠初期は、妊娠に気がつかないこともあるので、妊娠の可能性のある人も注意が必要です。

授乳時にも気をつけよう

薬の中には、血液に入ったのち、乳腺細胞に達して母乳に移行するものもあります。

胎児期と違って奇形などの心配はありませんが、母親が飲んだ薬は、母乳を介して乳児の体の中へも入っていきます。

最近、栄養的にはもちろん、免疫学的にも、母子関係の面からも母乳の重要性が見直されています。

いたずらに心配する必要はありませんが、母親が薬を飲まなければならない場合には、医師の指示によっては人工栄養にすることも必要です。

雑学 −妊娠中に気をつけたい7つのポイント−

@妊娠を希望する場合、医療機関で健康チェックを受け、妊娠する前に必要な治療を受けておく。

A妊娠中や妊娠の可能性がある場合には、必ず医師に伝える。

B生理が止まったら、薬の服用は慎重に

C妊娠中は健康管理に注意し、病気にかからないよう努めよう

D母体の病気治療のために医師が処方した薬はきちんと飲む

Eビタミン剤カルシウム剤鉄剤なども安易に考えず、どんな薬や健康食品でも医師に相談を

F薬が全て胎児に悪いわけではないので、神経質になりすぎないように

いびき対策、防止に。1ヶ月で、いびきをかかない体質にする4ステップ
我が家の薬箱を点検しよう!
医師の薬と市販薬
内服薬と外用薬
薬の正しい飲み方
子供に上手に薬を飲ませる方法
お年寄りの体と薬
妊娠しているときの薬
薬についてのQ&A
医薬分業とは
健康食品を上手に利用する
ジェネリック医薬品について
スリムで健康的な生活を送る人のベジタリアン入門講座
リンクについて
リンク集
体脂肪がどんどん燃える!いまだかつて無い秘密の痩せ方「スタイルエクサ+K」DVDマニュアル!現役インストラクターであり、日本肥満予防健康協会認定講師KEIKOが本当の痩せ方教えます。
薬を飲んでもなかなか下がらなかった血糖値がらくらく健康法でコントロールできた誰でもできる簡単な方法とは?




















いびき 治療 レーザー




薬の雑学 All copyrights 2009 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。